CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月30日

研究授業(中1国語)

s-IMG_9072.jpg
今日は中学1年生の国語の授業で
研究授業が行われました。

1年生の二人へ。
「発表もがんばったね!!」
posted by 長ア at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校

10月行事予定の紹介

キャプチャ.JPG
ssIMG_9078.jpg
posted by 長ア at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校

この後ろ姿は!!

最近,崎原では夜明けごろよく鳴いています。
sDSCN2875.jpg
この後ろ姿は!!
sDSCN2880.jpg
ssDSCN2878.jpg

オオトラツグミさんだ!!
※奄美の固有種・天然記念物です!!
posted by 長ア at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2019年09月28日

奄美市中学生交流事業の交流団の出発

昨日の朝はきれいな色の積乱雲が出ました。
ssIMG_E9006.jpg
そして本日。
奄美市中学生交流事業の交流団が出発しました。

崎原中学校 2年生のM・Yさんも交流団の一員として
元気に出発しました!!
sIMG_9029.jpg

見送りの帰りにヤマハギを見ました。
秋の空とヤマハギの色って合うんですね!!!
ssIMG_9018.jpg
posted by 長ア at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校

2019年09月27日

奄美体育の歌

奄美体育の歌

    作詞 佐伯 植美
    作曲 折田  泉

一 奄美の空は 夜明けだよ
  みんな元気で 立ち上がり
  きたえましょうよ この体

  広い海原 青い空
  われら伸びよと まねいてる
  われら伸びよと まねいてる

二 つよい体は 宝だよ
  みんなすくっと 立ち上がり
  きたえましょうよ この心

  山の松風 しおの音
  われら伸びよと よんでいる  
  われら伸びよと よんでいる

三 奄美の子らは 元気だよ
  みんな笑顔で 立ち上がり
  おこしましょうよ この郷土
 
  空でわかわし 青いはと
  われら伸びよと うたってる 
  われら伸びよと うたってる

 奄美体育の歌は本校の運動会「開会式」でも歌われます。
歌が完成するまでに次のような経緯や背景があったそうです。

 奄美群島がアメリカ軍政府の統治下に置かれた1946年(昭和21年)の
翌年,昭和22年に「奄美体育連盟」が結成されました。

 1951年(昭和26年)には,「奄美群島日本復帰協議会」が結成され,
復帰運動の機運が高まるとともに「日本復帰の歌」が公募されました。

このような時期,「奄美体育連盟」も復帰運動の一環として,
「奄美体育の歌」を公募し,応募作品の中から佐伯植美氏(大高一部教諭)の歌詞が選ばれました。
さらに,この歌詞への曲も公募し,折田泉氏(大高教諭:沖永良部島出身)
による曲が採用され,1951年(昭和26年)「奄美体育の歌」として発表されました。

「奄美体育の歌」をあらゆる体育行事で歌うことを通して,
群島民に希望と元気を与え,復帰運動の気運を高めたという歴史的背景があります。
 
今回は奄美体育の歌の歌詞に,崎原の夜明けを重ねてみました!!
キャプチャ.JPG

posted by 長ア at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域

受け継ぐこと

受け継ぐこと

    崎原小学校 5年  M・A

 ぼくの父は,建具職人をしている。
父はくぎをつかわずに木を組み付ける
組子の制作をしている。
ぼくの家には父が作った組子がたくさん
飾られている。
ぼくは,父の作った組子が大好きだ。
細い木を真剣な顔で組んでいる父を尊敬
している。
 夏休みに入ったある日,
「A,お父さんが使いやすいように木を
 ならべてくれない。」
と言われた。ぼくは,前から父の仕事に
興味があったので,
すぐに,
「わかった。」
と返事をした。父に頼られたみたいで,
うれしくてわくわくした。
父が組子で使う木を同じ向きに並べた。
その時に,ゆっくりていねいにならべないと
くずれてまた,最初からやり直さないと
いけないので慎重にならべた。
いつも父は簡単そうにしていたので,
すぐに終わるかと思っていたが,
意外と大変な仕事だった。

SE16_02.jpg

並べ終わり,父に見せると,
「ありがとう。これでお父さんの仕事が
 はかどるよ。」
と言ってくれた。
ぼくは,もっと父の仕事を手伝いたいと
思うようになった。
ぼくは,仕事をしている父が好きだ。
建具職人という仕事も好きだ。
将来は,祖父や父のような立派な職人に
なりたいというのが夢だ。
しかし,父に,
「宿題や,することをしっかりしないと
 跡はつがせられないよ。」
と言われた。それは,ぼくが学校の宿題を
忘れたり,提出物を忘れたりすることが
多いからだ。学校からのお知らせを
ランドセルに入れたままにしてしまった
こともたくさんある。
自分がしたいことを優先して,
やりたくないことは後回しにしてきた。
ぼくは,将来のことを簡単に考えていた。
建具職人に簡単ではないがすぐになれると
思っていたのだ。
 しかし,父が言った言葉でぼくは
少しずつ変わらないといけないと
思うようになってきた。
それは,
「Aは,やればできるんだから,
 何事もがんばりなさい。」
と言う言葉だ。ぼくは勉強が苦手だ。
何でもどうせできないと思うことが多かった。
 しかしこれからは,父の言葉を思い出し,
何事にも自分で進んで挑戦し,
自分の仕事をしっかりして,
父のような建具職人になれるようにしたい。
父はいつも,夜遅くまで仕事をして帰ってくる。
ぼくは少しでも
父の手助けになれるように,
茶碗を洗ったり,洗濯物をたたんだりする
手伝いをこれからは,もっと増やして
父の負担を少しでも減らしていけるように
したいと思う。
父から言われた,
「やればできる。」
と言う言葉を胸に,学校の勉強だけでなく,
自分のやるべき事を
何も言われなくても自分からできるように,
生活面もしっかりしていきたい。

SE16_08.jpg



※ お父さんやお父さんの仕事が大好きなんだね!
 お父さんもきっと建具職人という仕事に誇りをもって
 働いていらっしゃるのでしょうね。
  その情熱がA君にも受け継がれているんですね!!
 (●^o^●)
posted by 長ア at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校

奄美市中学生交流事業の出発式

9月26日(木)奄美市役所において
奄美市中学生交流事業の出発式が行われました。

奄美市とアメリカのテキサス州ナカドウチェス市は
1995年から姉妹都市盟約を結んでおり,
毎年中学生の交流団を派遣し合っています。
s-優佳さん写真.jpg
崎原中学校 2年生のM・Yさんも交流団の一員として
「親善大使任命証」を受け取りました。

9月28日出発10月11日帰国の予定。
スケール感の違う海外で,積極的に行動し,
多くの経験を自分のものにしてほしいですね!!
応援しています。
posted by 長ア at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校

2019年09月26日

【奄美子ども読書・新聞応援プロジェクト】

本日9月26日金曜日。
南海日々新聞に
【奄美子ども読書・新聞応援プロジェクト】
が掲載されています。
 本校小学4年生のY・S君の素敵な作品もありますよ!!

rurikakef3.gif
「奄美の自然を守るために」
奄美市立崎原小学校 四年 Y・S
 みなさんは,このすてきな奄美大島の自然に
ついて考えたことがありますか。
今,そのすてきな自然がこわされようとしています。
だからぼくは,この自然を守るための活動に参加し,
自然保護活動について学んでいます。  

 まず一つめが,野鳥の保護活動と観察です。
ノネコが増え,野鳥が食べられたりけがをしたりしています。
だから,けがをした鳥を見つけて野生生物保護センターや市役所に
報告するようにしています。

 二つめが,ノネコ問題です。
先ほども話したように,ノネコが絶めつきぐしゅに
指定されている生き物を食べてしまうのです。
 だからぼくは,TNRという活動に参加しています。
Tはほかく,Nは手術,Rは元にもどすことです。
この活動をすることでノネコも野生生物も安心してくらせます。

 ぼくは,このような活動を通して,少しでも奄美の
素晴らしい自然が守られ,生き物たちが住みやすい島に
なってくれたらすごく嬉しいです。
kurousagi.jpg
rurikake3.gifrurikake2.gif

 私たちの住んでいるこの奄美大島の自然を大切にしたいという
大切な気持ちが伝わってきます。
 これからも自然の素晴らしさや奄美大島のよさもたくさん発見して
大切にしていきたいですね。(^o^)/
posted by 長ア at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校

【奄美子ども読書・新聞応援プロジェクト】

本日26日木曜日。
南海日々新聞に
【奄美子ども読書・新聞応援プロジェクト】
が掲載されています。
 本校小学5年生K・Kさんの素敵な作品もありますよ!!
将来の夢
奄美市立崎原小学校 五年  K・K

 私は、保育園を卒園してからも、保育園にお手伝いに行っていました。
そこでは、年少の子どもたちの遊びや生活のお世話をしていました。
そのとき、子どもたちから笑顔と元気をもらえてとてもうれしく感じました。
すると、先生が、
「Kさんは、子どものお世話をするのが上手だから保育士になったら。」
と、言ってくださいました。

 それから、私は、将来保育士になりたいと思うようになりました。
保育士の仕事はとても大変ですが、がんばって勉強して保育士になり、
自分の通った保育園で子どものお世話をして、
先生やお母さんたちの手助けができたらいいなと思っています。

 そのために、ピアノや三味線、島唄を習って、自分みがきもがんばりたいです。
そして、それを子どもたちに教えて、奄美が好きな子どもたちをたくさん増やしたいです。
キャプチャ2.JPG

奄美が好きな子どもたちをたくさん増やしたい。
この気持ちはとても素晴らしいですね。
これから私たちも奄美大島や郷土のよさをたくさん学んで,
誇りに思うことが大切ですね!!ヽ(^。^)ノ 
posted by 長ア at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校

アカハラダカの渡り観察会

s1DSCN2840.jpg
s2sDSCN2809.jpg
本日,約200羽のアカハラダカの渡りを観察することができました。

概要
 アカハラダカが,渡りをする様子を観察することで
 奄美の自然のよさや生物の生態等を知り,
 奄美の自然や生き物を大切にする心情を育てる。

対象者 奄美市立崎原小学校全校児童8名
s3DSCN2815.jpg
s4DSCN2847.jpg

アカハラダカ  チェック!!
〜奄美の野鳥図鑑NPO法人奄美野鳥の会編より〜

 成長は頭と体の上面が暗めの青灰色で,
下面は白く,胸は淡いオレンジ色。
飛翔時に見上げると,白っぽい翼の下面と
先端部の黒のコントラストがよくわかり,
尾には,黒帯が出る。
 虹彩は,雄が暗赤色,雌が黄色で,
ツミのようなアイリングはない。

 幼鳥は上面が黒褐色で,下面は白色の地に
茶褐色の班が入り,虹彩は黄色。

 中国北東部や朝鮮半島で繁殖し,
中国南部や東南アジアで越冬する。
奄美では主に秋の渡りの時期に数十から
数千の群れとなって南下するのが観察できる。
という記述があります!!
s5DSCN2817.jpg
s6DSCN2845.jpg
s7DSCN2823.jpg
s8DSCN2831.jpg


一緒に観察会に参加して下さった皆様
場所を提供してくださった池畑様
講師の常田 守 様
ありがとうございました。
posted by 長ア at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校