CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月30日

【あなたの心】に・・・

【あなたの心】に・・・

 10月27日(日)に開催いたしました
崎原小中学校学習発表会におきましては,
多数の御参加及び,子どもたちへの温かい励ましの
御言葉をいただきありがとうございました。

 また,当日は会場展示の部に地域の皆様の
【生け花】や料理で使うバランを美しく加工した
【バラン細工】など多くの展示作品を出品して
いただきました。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 展示品の【あなたの心】という作品の前で
多くの方々が足を止めていらっしゃったことが印象に残りました。
 この作品は,卒業生であり元職員でもある
Y・Tさんが昭和40年前後の崎原校を描いた
美しい作品です。
sDSCN9179.jpg
Y・Tさん作  【あなたの心】 

 話を伺うと,卒業生の多くの方々が,
作品に描かれている旧校舎や正門脇のマツに
思い入れがあるということでした。
「マツの枝ぶり一つ一つが懐かしい。」とか
「この枝から校舎へ飛び移っていた。」等々の思い出話
も尽きない様子です。

当時,このマツには手回し式のサイレンが
取り付けてあり,朝,昼,夕と日に3回ならしていたそうです。
 当時の崎原の人々は,畑仕事・山仕事で聞く
日に3度のサイレンで刻を把握していたのではないでしょうか。
 まさに崎原校(あるいは集落)のシンボルツリーとして
心のよりどころとなっていたようです。

 多くの児童生徒が夏の熱い日には
このマツの木陰で涼み,
卒業時や離郷時にはこのマツに見送られて
巣立っていったのだと想像します。

 最近私は,崎原の景勝地を知るために,
地域の皆様に情報提供をいただきながら,
校区内を散策させていただいております。
 先日は田平の滝や浦の浜辺を尋ねてみました。
崎原の風光明媚な景色を眺めながら,
 この地で生活を営まれた方々・生まれ育った方々の
生活に思いをはせるひとときでした。
キャプチャ.JPG
キャプチャ5.JPGキャプチャ6.JPG

 誰の記憶の中にも,幼少期のふるさとの光景があることでしょう。
ふるさとの山々の稜線や島影・木々の枝振りなどが今も,
【あなたの心】に焼き付いているのではないでしょうか。

sDSCN2089.jpgsIMG_8296.jpg

昭和40年前後の崎原の海岸線と
    現在の崎原の海岸線です。

 土地の使われ方(植生)や
港の有無が違いますが
 稜線や岩など,現在も面影が
残っている部分も多くありますね。

※ 学校便り10月号の原稿に加筆修正を加えたものです。籔
posted by 長ア at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域