CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月22日

薄明光線(はくめいこうせん)

s-sDSCN1837.jpg
太陽が雲に隠れているとき,雲の切れ間あるいは端から光が漏れ,
光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象。
通常とは逆に,雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。

これは,ウイキペディアによる
薄明光線(はくめいこうせん)の説明です。

sssIMG_8415.jpg

「薄明光線」はほかにも多数の呼び名があり
業種や分野によって(要するに好みで)
様々な呼び名があるようです。
・ 光芒(こうぼう)
・ 天使の梯子(てんしのはしご)
・ 天使の階段(てんしのかいだん)
・ ゴッドレイ(God Ray)
・ ヤコブの梯子(やこぶのはしご)
・ レンブラント光線
・ チンダル現象
s-sIMG_0326.jpg
ちなみにこの現象を
「光のパイプオルガン」と表現したのは,
宮沢賢治だそうです。さすがです。
posted by 長ア at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック