CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月12日

fly catcher(フライキャッチャー)

エゾビタキは、
似ている仲間(サメビタキやコサメビタキ)
に比べると、胸の縦斑が
はっきりしていると言われています。

s-sDSCN1936.jpg

日本では繁殖の記録はなく、
主に秋に通過する
旅鳥として知られています。

s-sDSCN1950.jpg

樹上から
飛んでいる虫を追って
舞いあがり、
捕らえた後
再び元の枝に戻ってくる、
という行動パターンをよくとります。

s-sDSCN1831.jpg

s-sDSCN1832.jpg

この行動から、
ヒタキの仲間は、
英語でfly catcher(フライキャッチャー)と
呼ばれています。


昨年2019年10月16日に
学校で休んでいた個体の
観察記録があります。
https://blog.canpan.info/sakibaru/archive/381

s-sDSCN3378.jpg
posted by 長ア at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック