CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«レインボーチルドレンプロジェクト第4弾 | Main | 「いつも心に太陽を!!」»
嶋ひさおショー@ [2008年07月08日(Tue)]
6月29日(日)
福島県古殿町出身の演歌歌手「嶋ひさおショー」
お手伝いをしてまいりました。


スタッフはすべて電球古殿町のおじちゃん・おばちゃん達
イベントの運営なんか「生まれて初めて 桃太郎 」の方々が多数汗
祭天が何かのお役に立つならどこへでも伺います!!!

場所は古殿町町民体育館。
歴史より年季を感じる古さ・・・
冷暖房(空調)の設備はありません。

前日が30℃を超える夏日太陽だったので大変心配したのですが
恵みの雨雨のお蔭でとってもすごし易い一日となりました。
お客様には申し訳ないのですけれどね。

まずはカーペットを敷き、椅子を並べます。
一列に何脚ならべるか
両サイドのカーブはつけるのかつけないのか
最初から大騒ぎです音量


椅子を運ぶのも「楽だからリレーしましょう まる」と
声を掛け合うまでは良いのですが、後半グズグズ。
誰もちゃんと手渡しすることができません。
思わず笑い 笑い が出てしまいます。




第一部は地元の日本舞踊の会やカラオケ同好会の皆さんの発表
第二部が「嶋ひさおショー」
なんとトータル5時間の歌と踊りのショータイム音符です。

開場時間もあってないようなアットホームなイベント。
みんなが何とか昼食をとっているともうお客様がいらっしゃいます。
ずっと楽しみに待っていたんでしょうね。

祭天スタッフには美容師さんもいるので
出演者さん達のセットや着付けもお手伝いします。

このイベントのすごいところは、
スタッフも踊ったり歌ったりするところです。


いつの間にか自分の出番が近づいていることに気付かず
大慌てで着付けをし、楽屋を走り出ていく姿を何度か目撃しました。
それでもちゃんと舞台をこなすのですから立派なものです。


そしてお客様キラキラ
お行儀が良くて、一生懸命見てくださっているのが伝わってきました。
途中で席を立つときも本当に申し訳なさそうに移動しています。
拍手 拍手もそれは暖かいものでした。
古殿という山に囲まれた町の空気がそうさせたのでしょうか。
町の皆さんの人柄なのでしょうか。



その大盛り上がりに盛り上がった本番の様子はまた後日・・・










祭天オフィシャルサイト
Posted by mie@祭天 at 20:03 | 実行委員会 | この記事のURL