CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年11月15日

第三回あんしん住み替え相談員育成講座

11月15日崇城大学市民ホール(熊本市民会館)大会議室にて、第3回あんしん住み替え相談員育成講座を開催いたしました!!
開催3回目の今回は初めて平日に開催したのですが、20名以上の方のご参加がありました。
内容としてはこの前のブログを見てもわかるのですが、今回は、、、
・Saflanetの概要説明
 内容:ホームページの使い方・・・これはこのブログ見ている人ならわかるような基本的なホームページの使い方です。
マニュアルの説明・・・今回追記になった部分や変更点など。。。
・個人情報の取り扱いのについて
 内容:現役弁護士の方より、個人情報に関する法律等の説明
・相談窓口に欠かせない基礎知識
 内容:前回までに行っていない子育て関係を母子福祉センターの方、外国人への対応について国際交流会館の方に講義をしていただきました。
・専門家から学ぶ相談事例とポイント
 内容:今回は不動産と福祉に部屋を分けて、興味のある内容に話を聞いたり、質問したりするという形をとりました。活発な質問も飛び交い時間が足りないかも・・・という嬉い事態になりました(笑)
・「障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例」について
 内容:県の障がい者支援課の方に来年度から施行される条例について説明をしていただきました。
・相談シュミレーション実習
 内容:実際に架空の相談について対応して、現場の雰囲気を感じていただきました!!
当日相談員に希望される方も多数おり、無事開催出来てあんしんしました。
笑い
                                              事務局 津田

2011年10月18日

第3回相談員育成講座開催!

第3回目となる「相談員育成講座」を開催いたします。ご希望の方は、熊本市の「ひごまるコール」にてお申し込みください。
詳細は下記の通り。

2011年08月22日

協議会の部会を開催

8月17日、19日の両日で協議会の部会を開催いたしました。
乾杯熊本市居住支援協議会としては初のイベントとなります。部会はテーマごとに分かれ、それぞれ専門分科会的に機能します。
17日は全体部会としてのスケジュール決めや部会長・副部会長の選任をさせていただきました。また専門部会として、入居支援部会を開催しました。
19日は見守り部会と情報提供部会を開催しました。
各部会とも、まだ手探り状態であるのは否めない感じで、今回は、各専門部会ごとの課題の抽出と認識の共有に努めることとなりました。
詳細は議事抄録として、また議事トピックスとしておいおいアップしていくつもりです。よろしくお願いします。
事務局

2011年07月08日

協議会として発足しました!

平成23年7月7日、熊本市居住支援協議会が発足いたしました。昨年11月より「熊本市居住支援協議会設立準備会」として活動してまいりましたが、晴れて「熊本市居住支援協議会」としての活動を開始いたしました。乾杯拍手また、設立総会の内容が新聞でも紹介されました。

2011年05月31日

相談員育成講座を開催します


skmbt_c25011053113230.pdf

あんしん住替え相談SAFLANET
相談員育成講座を開催します →

どんなところに住替えたらよいか、住み替えたいけれど探し方がわからないなどでお困りの高齢者、障がい者、子育て世帯などの方が安心して相談できる窓口が求められています。
そこで、住み替えの相談に対応する相談員を育成するための講座を開催します。

住替え相談員とは…
住み替えをお考えの方の悩みや現状をお聴きして、その方にあった住み替え先を一緒に考えます。SEFLANETホームページなどで住み替え先を探し、その情報を提供して、住み替えをサポートする方が「住み替え相談員」です。

誰でもなれる?
特別な資格は必要ありません。年間数回開催する相談員育成講座を受講し、相談員になる意志のある方は相談員になれます。住み替えに関する様々な知識を育成講座で習得していきます。相談される方の思いをしっかりと受け止めて熱意をもって傾聴して頂ける方であれば、どなたでも結構です。

詳しくはこちら →

skmbt_c25011053113231.pdf

2011年05月29日

新聞で紹介されております!

平成23年5月29日(本日)熊本日日新聞にて「あんしん住み替え相談窓口」の紹介記事が載っております。笑顔『どこでも相談窓口』の拡充に向けて相談員の育成に力を入れていきたいと思っており、その相談員育成講座の紹介がされていたのはありがたいです。SAFLANETのアクセス数も本日は3倍強拍手となっており、マスメディアの効果はやはり大したものだと感じております。
事務局 酒江

2011年05月28日

あわてないで!震災に便乗した屋根修理サービス

独立行政法人国民生活センターによりますと、下記のように震災に便乗した屋根修理サービスがあっています。あわてないで対応をとりましょう!

事例1
地震で屋根瓦が落ちてしまった。訪問してきた業者に屋根のふき替え工事を勧められたが、高額なので断っていた。しかし、1日に3〜4回訪問され、「判を押せ」とせかされて、契約してしまった。工事日も決まっていないのに「内金30万円をすぐ入れるように」と言われた。クーリング・オフしたい。(当事者:70歳代 女性)
事例2
義父が、突然訪問した業者に屋根のシート掛けの補修を勧められ、約30万円を全額前払いで支払った。あとで確認したところ、薄いビニールをテープで貼り付けただけのずさんな内容だった。(当事者:60歳代 男性)
===================================
<ひとこと助言>
☆震災後、屋根の修理サービスに関する相談が多く寄せられています。
☆「早く工事しないと大変なことになる」などと不安をあおって契約を急がせたり、工事内容についてあまり説明せずに工事をして高額な請求をしたりするケースが見られます。
☆勧誘されてもその場ですぐに頼まず、工事の内容や費用についてよく確認した上で、家族などに相談したり複数の業者から見積もりをとったりして、十分に検討することが必要です。
☆訪問販売で契約した場合、法律で定められた契約書面を受け取ってから8日以内であれば、たとえ工事が終わっていてもクーリング・オフが可能です。
☆心配なときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)は国民生活センターホームページ
→ <img src="https://blog.canpan.info/image/emoji/28.gif" border="0">

2011年05月06日

相談員育成講座を開催します。

熊本市居住支援協議会設立準備会(ふっ長い落ち込み)では、「住宅確保要配慮者」(これも長い)のために、住み替え相談を受け付ける「あんしん住み替え相談員」の募集のためと、既設相談員のスキルアップのための、「相談員育成講座」を開催します。
え、住宅確保要配慮者ってなにはてな・・・・
えー、障がい者とか高齢者とかー、母子(父子)家庭とかの子育て世帯とかー、ホームレスとか外国人とかー・・の、要するに住み替えのための住居を探すにあたって地域が配慮を要する方々・・・のことです。
要は、活発な人、知人が多い人、持家のある人、ネットとか得意な人、「ではない人」がこの時代、実はたくさんいます。
この方々向けに、地域でサポートしていきたい。社会貢献してみたい。人生顧みて罪滅ぼししたい。介護の知識・リフォームのノウハウ・不動産の知識のいずれか持っている。等々、動機は問いません。ふるってご参加ください。
先着100名で、参加は無料で可、、です。以下詳細
日時:6月4日(土) 9:30〜16:30
場所:ウェルパルくまもと 第一会議室
講座内容・・・はお楽しみ・・・じゃなくって、チラシとかあります。市の施設とか、YMCAとか、ウェルパル1Fのあいぽーととか、メールで要求(kyojusien@ind.bbiq.jp)とか。
あ、ちなみに申し込みは必要です。はい。資料の部数を確定しないといけないんで。
以上、お知らせでした。拍手
事務局 酒江

2011年04月30日

相談会を開催します。

第2回(前身の協働事業からすると5回目)となる「5月度あんしん住み替え相談会」を開催します。
本相談会は、毎月第3土曜日の開催を基本としていますが、5月だけ用意できず困った23日(月)の午後の開催となってしまいました。
詳細は下記の通り
日時:平成23年5月23日(月) 13:30〜16:00
場所:熊本市内大江のウェルパルくまもと1Fのあいぽーと広場
ご注意:前回同様申し込みが必要です。チラシや市政だより、メール:kyojusien@ind.bbiq.jp等でお申し込みください。携帯
んじゃ。
事務局 酒江

2011年02月28日

あんしん住み替えシンポジュウム開催


3.13sinpo.pdf
高齢者・障がい者・子育て世帯の方々が安心して住換えができるような仕組みづくりや課題解決に向けて検討していく「居住支援協議会」の設立を目指しています。これまでの取り組みをご紹介し、専門家の方々によるパネルディスカッションを開催します。

詳しくはこちら →

日時:平成23年3月21日(月・祝日)
    14:00〜16:00
場所:くまもと県民交流館パレア 会議室1
    熊本市手取本町8−9 テトリアくまもとビル 9階
定員:100名