CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年01月18日

神奈川県の居住支援

神奈川県居住支援協議会は、平成22年11月24日設立されていました。
居住支援部会(あんしん賃貸支援事業や高齢者向け賃貸住宅の供給促進)と団地再生部会(高度経済成長期に開発された住宅団地内における整備やコミュニティの活性化)の2部会構成して活動を計画されておられます。
構成員は県関係各課が13課、市町村が9市(横浜市・川崎市含む)、住宅供給主体が5団体、宅地建物関係団体が4団体、居住支援団体が5団体と大規模で行われており、いろいろと勉強することができました。いろんな団体に係ってもらう事がとても大切ですね!

その後、民間のココファン湘南を見学させて頂き、高齢者向けの住環境の提供とそこで行われているソフト面での支援を見させて頂きました。病院と歯科病院が併設されており、安心して住むことができます。また、地域との連携を図りながら運営されていました。

2011年01月16日

青森県の居住支援について

青森と言えばねぶたですが、熊本市の居住支援設立に向けた準備として、青森の居住支援の状況を調査することとなり、前日から青森に入りました。
雪の影響が心配されましたが、何とか無事に青森に到着。自分の身長より高く積もった雪を見て、九州育ちの私にとってとてもびっくりしました。

青森では、JTIの制度を使った居住支援を行われていました。現在、使われていない家を子育て世帯に貸す制度です。アンケート調査や普及活動のためのセミナー勉強会を開催されていました。

熊本における居住支援の話もさせて頂き、いろいろと情報交換をすることができました。
明日は、神奈川の居住支援について調査をしたいと思います。

今日から、不動産の皆様の協力を頂き、調査が始まります。高齢者・障がい者にも貸しても良い物件をご紹介していただき、バリアフリーになっている部分や間取り等を教えて頂くとともにソフト面での公開もできればと思います。