CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年12月04日

入居支援モデル事業の経過報告(もったいないバザー)

先日の11月29日、もったいないバザーを開催いたしました。
これは、当協議会で実施中の「入居支援モデル事業」の一ステップでもあります。この事業は人の住まなくなった空き家に、若い世代に住んでいただくことによって、地域の活性化と住居のミスマッチ解消という一石二鳥を狙ったモデル事業です。
で、この事業で発生する家財道具の廃棄にかかる費用低減と、逆に再利用や寄付による支援を見込んで、上記の「もったいないバザー」を開催するに至った次第です。
事務局の呼びかけに応じていただいた各NPOや社福の団体や、地元の有志に支えられ、盛況のうちに開催させていただきました。
で、熊本日日新聞の記者さんにも取材いただき、本日記事になりましたので、ご協力いただいた方々にも報告したく、ブログにアップしました。
記事はここ→modeljigyou_kuma.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く