CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年11月 | Main | 2016年01月 »
最新記事
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
年末の 作業を終えて 柚子湯かな[2015年12月22日(Tue)]
 今日は今年最後の定例作業日(予定の21日が雨のため22日に順延)でした。 参加者は10人(加藤・吉川・阿部・渡部・中村雄・石崎・藤井・加来・富田・福田)できずなの森に集合し、ラジオ体操・朝礼後、4人(吉川・藤井・石崎・富田)は水源地作業に移動しました。きずなの森班は@以前倒した椎茸用原木を2か所に集める作業とAイノシシが荒らした遊歩道の補修を行いました。水源地班は倉庫休憩室の整理・掃除を行いました。ー福田直記ー

0001411.jpg

0001411_2.jpg


 午後、きずなの森に行ってみると 遊歩道がきれいに整備されていました。野口さんが楓の剪定をされていました。どこかのケアホームの方が散策に来ていらっしゃいました。
ー中村がん記ー


2015-12-22 002.jpg

2015-12-22 005.jpg

フォーラムの 帰途現場へと 冬の森[2015年12月21日(Mon)]
 つなげよう、支えよう森里川海」ミニフォーラム in 防府 と題して環境省主催の活動発表と勉強会が防府グランドホテルで開催されました。100名近くの関係者が集い佐波の里山SNからも 吉川会長、野口顧問、勝間会員と私(中村がん)の4人が参加しました。

 これまでも”きれいな海はまず森づくりそして里人の衛生観念から”と学んできましたが、今日はそれをいかに多くの人々が実践していくか意識づけと実践への動機づけの会合であったかと思います。すでに実践の緒についている我々も、活動の目的を本当に理解して実行に参加しているか再確認を迫られたいい機会であったかもしれません。森の整備だけにとどまらず里人との協力関係を密にしてきれいな水を佐波川経由で瀬戸内海に送り込む一端を担っていることを再認識させられた一日でした。


2015-12-21 002.jpg

2015-12-21 004.jpg
三者三様の表情で

2015-12-21 029.jpg
グループに分かれ意見交換と発表が

師走なり マラソン・駅伝 あちこちで[2015年12月20日(Sun)]
 寒い中を今日は走る日らしい。京都では男女の高校生が駅伝競走、すでに女子が午前中に終了している。そして男子が先ほど12時30分にスタートした。

 ここ防府市内でも 防府読売マラソンがこれも先ほど正午にスタートしている。そんな今日午前中も相変わらず里山暮らしの私はいつものようにいつものところでいつものようなことをしてきた。淡々とした人生を送る以外術がないのである。さて午後は炬燵でマラソンを鑑賞しましょうか・・


2015-12-20 004.jpg
鴨が池新道を探索して歩く

2015-12-20 006.jpg
↑混合油を調合しておきました↓
2015-12-20 007.jpg

Posted by 中村 巖 at 12:29 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
空き缶や 善意の森に 心寒[2015年12月19日(Sat)]
 炭焼き前に きずなの森に行ってみたところ心が氷つくような光景に出くわしました。コーヒーの空き缶がテーブルの上に放置されていました。おそらく人間の仕業ではないのでしょう。自分の後始末を他人にさせるようなそんな偉い人は今の世の中に存在するはずがありませんから・・・
 
 国道沿いでもポイステごみ の多いこと。この国にはまだまだ人間の格好をした外道がたくさんいるということです。家庭でも学校でも職場でも人間学を教え込まなければ恥ずかしい国日本が笑われますよ。「おもてなし」などと浮かれていないで実態を直視して早く手を打たないと!


2015-12-19 001.jpg
誰が片付けると思っているのでしょうか?

2015-12-19 003.jpg
太すぎる丸太を割る弘中さん

2015-12-19 010.jpg
土曜はお久の属さん

2015-12-19 009.jpg
浅江さん、宮村さん、伊藤さん

Posted by 中村 巖 at 15:56 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
冬空や はるかな山の 白模様[2015年12月18日(Fri)]
 午前中、きずなの森 入り口の道路をちょっとした補修をしておきました。これまでもたびたび内輪差の関係で”ドスン”といった場面を何度も目撃していたので・・・高齢者の出入りが多いので運転者に優しい曲がり角にしておかなくちゃね。

 寒いので午後は島地温泉に行ってきました。寒いはずです、徳地の奥山(あるいは阿東かな)に白い模様がみえました。初雪の名残でしょう。


2015-12-18 006.jpg
真正面の山に白いものが・・

2015-12-18 002.jpg
間道は落ち葉で埋まっています

2015-12-18 001.jpg
↑ 駐車場も出入りしやすくなったよ ↓
2015-12-18 005.jpg


Posted by 中村 巖 at 15:02 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
パンジーを 植えて冬待つ 春を待つ[2015年12月17日(Thu)]
 朝一でナフコ(DIY)に行きパンジー花の土を買ってきて きずなの森 に降ろし、花壇の準備をしていると吉川会長が来られました。リハビリの帰りで徐々にではあるが肩や腕の動きもよくなってきているとのことで安心しました。

 午前中は花壇の除草だけして一旦昼食に帰り午後改めて植え付けと周辺の落ち葉掃除をしていると犬を連れて散歩に来られた見知らぬご婦人が「いつも寒い中ご苦労様です」と声をかけられ、手作りと思われるお菓子をくださいました。寒い中での一人作業でしたが、いっぺんに心が温かくなりました。遣り甲斐のあるボランティア活動です。続けていこうと改めて思いなおしたことでした。


2015-12-17 002.jpg
パンジーと土を準備しました。

2015-12-17 003.jpg
↑いつもの場所にパンジーを↓
2015-12-17 015.jpg


2015-12-17 013.jpg
手作り菓子の差し入れをいただきました





葉を落とし 裸木となって 冬支度[2015年12月16日(Wed)]
 二日間ご無沙汰してしまった きずなの森 に今日こそは朝から行ってみました。まずは森全体を歩いてみましたがイノシシの親切か狼藉かわかりませんが遊歩道を滅茶苦茶にしていました。21日の定例作業日の仕事を作ってくれたのでしょうか?

 歩いていると向こうからオレンジのユニフォームが近づいてきます。今日は水曜日、言わずと知れた 直さん です。二人で 鴨が池 に上がり池周遊道のとっかかり作業を始めてみました。


2015-12-16 007.jpg
イチョウの木は丸裸です

2015-12-16 009.jpg
荒らされた遊歩道の向こうから直さんが

2015-12-16 011.jpg
鴨が池周遊道はだいぶはかどりました

2015-12-16 006.jpg
朝露に濡れてダリアのご臨終

顧みて 最悪なりし 年が往く[2015年12月14日(Mon)]
 朝から初冬とは思えない温暖な小春日でした。明後日くらいから本格的な冬の寒さが訪れるとの天気予報です。

 珍しく今日は全くきずなの森方面に足を向けませんでした。たまにはこんな日もあって良いのかもしれません。昨夜は大河ドラマの最終回で、防府市公会堂では主演の女優さんを囲んでTV画面を見る会が模様されたようで、私も観覧申し込みをしていたのですが抽選で「はずれ」のはがきが返ってきました。

 ことほど左様に私は籤運をはじめ特に今年は健康運・交友運の神様に見放された一年でした。来年こそはいい年になりますように祈ることにしましょう。


2015-12-14 002.jpg
青い空と紅葉の下で

Posted by 中村 巖 at 18:33 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
のどかなり 男やもめの 師走かな[2015年12月13日(Sun)]
 のどかな師走の日曜日です。くれも押し詰まった日にまさか里山でもあるまいと思いながらも行ってみると、なんと見慣れた車があるではないか!たぶん「鴨が池」に上がったなと思いながら待っているとやがて彼が降りてきました。目指す鴨やオシドリはいなかったとか・・

 昨日、里山先輩の雄さんから素晴らしいスライドショーが届きました。里山仲間には配信されていますが多くの方々に見ていただきたいので紹介させていただきます。(佐波の里山HPからでもご覧になれます)

(クリックで開始したら全画面がおすすめ、宣伝はカットしてください)

2015-12-13 003.jpg
直さんが来ていました

2015-12-13 001.jpg
もりの彩もきれいです





Posted by 中村 巖 at 13:45 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳴り渡る 師走の森の チエンソー[2015年12月12日(Sat)]
 炭焼きボランティアグループの活動日です。窯に隣接する森の中の木を思う存分切ってほしいと言われ出番が回ってきました。このグループでは資格を持つ人が他にいないからです。もう一人いるのですが忙しくてなかなか土曜日に一緒に作業することができません。今日は3人で森に入りました。

 少人数だとそれぞれの所在が確認しやすく周囲に気を使うこともなく安心して切り倒すことができます。伐倒方向を見定め受け口を切り、追い口を切って思い通りに倒せたときの快感は何とも言えません。時に掛かり木になったりチェインソーを切り口に挟み取られてしまうこともありますがそれも経験を重ねてだんだん上手になっていくのです。


2015-12-12 003.jpg
↑ 谷川に橋を架ける仲間 ↓
2015-12-12 007.jpg


2015-12-12 004.jpg
倒した木の枝を掃う仲間

2015-12-12 001.jpg
切り口に挟まれ救援機材が・・


Posted by 中村 巖 at 13:20 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集