CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年11月 | Main | 2014年01月 »
最新記事
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
目で足で 現場百回 森の声[2013年12月21日(Sat)]
 天気予報は当たってしまった。朝の内は晴れ間も見えていたので よしよし とほくそ笑みながら きずなの森に出かけ 小枝を片付けていたらやがて雨が降り出してきた。現場滞在時間はわずか30分足らずであった。

 なぜにそうまでして里山に出かけるのか?いぶかる方もお有りかと思うが、これまで地の利生活環境が好条件であることは説明した。加えて私は広報担当以外に FMフィールドマネジャー」というお役目も賜っている。即ち現場作業責任者なのである。なにも独りでやれと言われているわけではないが、作業企画をするにしても現場に立って考えるのが一番なのだ。机上ではわからない森の木々たちの訴えが直接わかるのである。例えばヒコバエが、切り株が、辺りを暗くしている常緑樹が、蛇やマムシの住処になっているかもしれない湿地のジャングル雑草地帯、四季を通じて現場に立てば 為すべきことがおのずとわかってくるのである。
  
 定例日を中心に全員で力を合わせて作業するのが基本であるが、その段取りをしておくこともFMの仕事の一つと考えている。しかし小さなその場で出来るようなこと 例えば 通路にはみ出た小枝の除去や小笹の刈り払いなど全員作業日に見落とされがちなことは 日々やっておかなくてはちりも積もれば となってしまう。

 林内に散在する廃材の山も多くなってくれば、そろそろチッパー作業も計画しなければならない。これは年度初めに決められていることなのでその実行時期を決めるのはFMの役目と心得ている。やるとやらないではガソリンの消費量も大幅に違ってくる。助成金の申請書にもチッパー作業が入っているはずである。今年度はやるしかないのである。我々民間人は助成金が余れば返せばいいと簡単に考えがちであるが、審査をし許可をいただいた県の担当者には大きな迷惑でる事を考えねばならない。申請したからにはまずは全力を挙げて実行に移すことを考えるのが筋であろう。私はそんなことも含めて日々現場百回のデカのごとく 森に足を運んでいるのである。

 雨で森に行けなかった分、時に机上で考えて整理してみるのも良かろうかと駄文にまとめてみました。今夜は雨の中 忘年会に出かけてきます。

Posted by 中村 巖 at 13:34 | 思い・考え | この記事のURL | コメント(0)
窓の雨 北のカーテン 雪景色[2013年12月20日(Fri)]
 6時前に起床し体操準備で玄関に出ると小さな雨が降っている。玄関の軒下で体操を済ませ寝室の北側のカーテンを開けてびっくり!右田ヶ岳の上半分が雪化粧。季節の変わり目の初景色は特に感動を呼ぶ。早速カメラを持ち出して震えながらパチリ♪

2013-12-20 003.jpg
白から茶色のグラデーションがきれいな右田ヶ岳


2013-12-20 004.jpg
同じ場所から三谷山方面を見ると・・・

Posted by 中村 巖 at 18:27 | 天然・自然 | この記事のURL | コメント(0)
四季咲きの凛として咲く冬薔薇(ふゆそうび)[2013年12月19日(Thu)]
 今日も氷雨・・・9時頃ちょっと小やみになったので我が職場・きずなの森へ。メインゲートと遊歩道入口付近の落ち葉かきをしていると雨が激しくなってきたので帰る。

 家の庭では寒さにもめげず薔薇が咲いている。春のような華やかさはないがそれでもとした姿が何かを教えてくれているような。に教わりに教わりに教わってまだまだ成長して行かなくてはならない。

2013-12-19 002.jpg


2013-12-19 006.jpg


2013-12-19 007.jpg


Posted by 中村 巖 at 14:16 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
年の瀬や温故知新の5年間[2013年12月18日(Wed)]
 思えば佐波の里山SNとして正式に発足して早や5年というか未だ5年というべきか超シニアの我々からすれば人それぞれであろう。
 今日は午前中の雨で里山には覗けなかったが、過去五年間のこの時期をアルバムで振り返ってみた。

20081208_014.jpg
2008年12月8日の旧道


20091221_007.jpg
2009年12月お向さんの藪この後きれいになって行く


20101220_019.jpg
2010年12月このころはアイドルもいた


20111219_009.jpg
2011年12月旧道西側に手をつけた


20121217_024 - コピー.JPG
2012年12月青木豊さん最期の姿・・合掌!


Posted by 中村 巖 at 16:38 | 思い・考え | この記事のURL | コメント(0)
今日の空まさしく冬です鉛色[2013年12月17日(Tue)]
 納会から一夜明けた今朝は、いつもの朝と違って気分が里山に向かなかった。風邪でも引いたのであろうか?しかし昼食も食欲があり、時間が勿体ないとやっぱり午後はいつもの場所にいたのだった。
 柿の木の森は、昨日の話ではお預けとなり つつじヶ丘を先に整備するとか・・まぁー順番はどうでもいずれやるべき場所なので私はこれまで通り切りのいいところまで続けよう。

2013-12-17 004.jpg
この森にも大きなサルトリイバラの木が


2013-12-17 006.jpg

寒空や心の冷えを熱血で





Posted by 中村 巖 at 16:16 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
一年のけじめに意見噴出し[2013年12月16日(Mon)]
 今年最後の定例作業日の夜は、例年通り締めくくりの納会が行われました。この席ではアルコールも入り、このグループの特徴的な日頃気まじめな方々も多少自己抑制が緩み世間の人並みに忌憚のない有意義な発言が行きかっていました。

 私の席近くしか聞こえませんでしたが、一つは後継者の問題に関連し 作業一筋の楽しみの乏しい現状では新しい人材を勧誘することはおぼつかない、ということ。

 今一つは、チッパー作業はやる必要が無いのではないか!というご意見でした。「もともとチッパーは竹を粉砕するためにある」との御意見に疑問を感じ帰宅してネットで調べましたが、むしろ現在借用しているものは木材チッパー(←click)として「用途は木材の他竹や木の葉」となっています。それはともかく多くの会員が負担に思いやりたくないことなら無理にというわけにはいかないでしょう。自然に腐らせるか、粉砕して遊歩道や昆虫の繁殖に役立てるか今後の課題としましょう。

2013-12-16 005y.jpg


2013-12-16 016y.jpg

このブログの画像は全て拡大出来ます。(画像上でクリック)


Posted by 中村 巖 at 21:22 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
作業場も恒例年末大掃除[2013年12月16日(Mon)]
 今年最後の会全体としての定例作業日でしたが、最近では最多と言える14名の参加を得て 協和農園作業場の片付けや整理を行いました。また周辺の落ち葉をかき集めて畑に埋め込む作業も行いました。
 
 今日は新人の井本さん、清永さんも初参加でした。井本さんは亡き青木豊さんの娘婿で、義父の遺志を引き継ぎたいと忙しい中進んでの参加表明でした。こういう方がいると心強いですね。

 夜は納会を行います。

2013-12-16 004.jpg
井本さん(中央)の紹介


2013-12-16 014.jpg
畑に穴を掘り


2013-12-16 013.jpg
落ち葉の埋め込み


2013-12-16 019.jpg
不用品を解体分別し各自家庭に持ち帰りました


Posted by 中村 巖 at 15:05 | 定例作業日 | この記事のURL | コメント(0)
腹へらず鬼のかくらんたまご酒[2013年12月15日(Sun)]
 午前中はいつも通り朝食後に きずなの森に出かけて正午のサイレンまで雑木の片づけを行いました。いつもならこの時間空腹で貪り喰う私ですが今日はなぜか食欲ゼロ。本来なら午後は読売防府マラソンの応援に出かける筈でしたが、その意欲もわかず炬燵でテレビ観戦となりました。KHK OBの中西さんが出場されると言うので楽しみにしていたのですが、体調悪く明日は定例作業日で夜は納会なので大事を取った次第です。救急車をチャーターしてでも参加するつもりです。
 老母(94歳)が作ってくれた たまご酒を飲んで早寝します。おやすみなさい!

2013-12-15 002.jpg
寒さにも負けずレンギョウ二度勤め


2013-12-15 008.jpg
↑ 今日は少し片付きました ↓
2013-12-15 010.jpg


2013-12-15 033.jpg
ひときわ映えるグリーンのボランティア



Posted by 中村 巖 at 17:50 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
南北の空が違える天気かな[2013年12月14日(Sat)]
 テニスが中止で今日は里山へ出かけました。新規整備中の森の片づけをするつもりで行ったのですが、旧道に道路整備用の砂利が入っていて道を1/3程度塞いでいたので予定を変更して道路整備を行いました。取りあえず工事車両や地元民の軽トラを通りやすくしておきました。

2013-12-14 002.jpg

2013-12-14 005.jpg

 
 やがて空が曇って来て霧雨が降ってきたので急いで帰宅しました。南の空を見ると晴れているので再び出かけようと玄関を出て三谷山の方面を見ると雨模様の空・・・また家の中に引き返しました。なんともはや思わせぶりな空模様に振りまわされます。

2013-12-14 006.jpg

人知れず落ち葉の陰のヤブコウジ


Posted by 中村 巖 at 10:32 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
山男 土にまみれて 年を越え[2013年12月13日(Fri)]
 竹炭窯の造成も終盤に差し掛かったようです。今日はドームの天井部分の造作をやりました。何しろ練り上げた土を高いところへ積み上げる作業ですから腰に来ます。一人ではとてもできない作業ですがみんなで力を合わせて何とか窯の形が出来上がりました。これをまず風乾させ、それから中に詰めた木に火をつけて釜全体を焼き上げ出来あがりとなるわけですが、完成は来年のお楽しみということです。

2013-12-13 009.jpg
窯の屋根部分に粘土を盛り付け

2013-12-13 008.jpg
10時のおやつは婦人部が奉仕

2013-12-13 015.jpg
これで全体像が完成です、が風乾→焼成と続きます


Posted by 中村 巖 at 20:26 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集