CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 独り言一人笑の炬燵守 | Main | 冬晴れに誘われ湖底の旧校舎 »
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
かぐや姫おわすごとくの冬朝陽[2012年12月12日(Wed)]
 朝日が深く射しこむ竹林の作業は気持ちのいいものです。今日は先日粉砕したチップを竹林内に散布しました。東南側にあった雑木や古い竹をとり払ったので朝日が竹林奥深くまで差し込んできます。まるで かぐや姫 がいるかのごとく竹林全体が輝いています。そんな気持ちのいい朝の作業でした。

20121212_000.jpg
影武者が見えます


20121212_003.jpg
向うの山は矢筈ヶ岳


Posted by 中村 巖 at 17:40 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/784
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集