CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 雪の里山 | Main | 鶯の声 »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
旧山陽道 近況[2012年01月26日(Thu)]
 晴れたり曇ったりしながら少しずつ寒気も和らいできた感のある今日午前、野口さんと二人で旧山陽道の整備具合を検分に行ってきました。

 佐野側は防府市の手によりほぼ整備作業は終わり階段もついて歩きやすい道になっています。今朝は霜柱を踏みながらの散策で足を踏みだすたびに さくっさくっという音とともに足裏から快感が伝わってきて子供の頃の冬は毎日がこうだったと思いだしたことでした。





 岩淵側は目下県の担当で整備が行われている真っ最中で、今日も寒空の下お馴染みの羽島松翠園の作業員の方々が重機など入れて、大水害で流された橋などの復旧に精を出して折られました。おそらく春先には全線快適な旧山陽道として蘇るのではないかと思われます。





佐波の里山SNでは、前回の 富海〜天満宮 の続きとして今回整備された 佐野〜岩淵を含む、天満宮〜長沢の池間のウオーキングをゴールデンウイーク辺りで行おうかと考慮中です。その節には奮ってご参加ください。改めてご案内があります。

Posted by 中村 巖 at 16:03 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/569
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集