CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 二月尽晴れのち曇り明日は雨 | Main | 手のひらの温もり感じ医師の手が »
最新記事
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
春雨と言えど担当医師代わる[2021年03月02日(Tue)]
 朝暗いうちに起きてみると外は予想通り激しい風を伴った嵐でした。これまで2年近く診てくれた大病院の外科の医師の最近の言動から、通院先の病院を変わらねばならないことは予想していたことでした。今朝の血液検査では、これまで私を苛めてきた血小板などほとんどの数値は戻って来ていました。ただ一つがんの存在を示す数値以外は・・・。CTによる肝臓の映像も3か月前より一段と黒くなっていました。

 これからしばらく、副作用がなくなり一時的に元気になれるかもしれませんが、それを期待してきずなの森散策やできればローカル列車の旅などできたならばと思っています。


2021-02-21 001.jpg
先日夏井さんの講演に参加し
以来句作ができなくなりました。




 
Posted by 中村 巖 at 19:33 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3599
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集