CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 見下して 皇帝ダリアの 名のごとく | Main | 竹やぶを 抜ける風さえ 秋風情 »
最新記事
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
木々亘る 風に揺れる葉 赤黄色[2020年11月13日(Fri)]
 この季節の朝の森は気持ちいいですよ。作業するだけのために通うのは本当にもったいないとつくづく思いました。特にこの季節は格別です。

 一通り散歩が終わったころ吉川さんが、イノシシ感知器のチェックにやってまりました。二箇所に設置してある内一つが作動不良とのことで私が帰る前にさわっておきました。複数考えられる原因を同時に触ったものですから、作動開始したのですがどれが原因だったか?です。やはりどこか抜けてる私です。なおりゃ良いってもんじゃござんせんよ、ねっ!


2020-11-13 017.jpg
毎日ご苦労さんです、吉川さん


2020-11-13 008.jpg


2020-11-13 011.jpg


2020-11-13 003.jpg


2020-11-13 005.jpg


2020-11-13 013.jpg


Posted by 中村 巖 at 14:46 | 山林散歩 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3514
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集