CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 嵐過ぎ 栗の大木 無残なり | Main | 里山の 稲田に響く コンバイン »
最新記事
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
秋晴れや 台風の森 汗流れ[2020年09月08日(Tue)]
 昨日台風10号通過直後のきずなの森 に入り、岡田会長と二人で思った以上の風の強さの為せるわざに驚かされました。
 
 今日は急遽11名の会員参加の下、折れて宙に浮いたままになっていてそのまま放置していては危険な枝や大木の伐倒を優先に森の入り口付近の整備を行いました。
 
 まだまだ奥に入れば為すべきことがたくさんありますが、時間の都合もあり残りは20日の定例日にやっつけることとなりました。ただそれまでに時間と意のある会員は安全確保の範囲内で可能なことをやっていただければと思います。


2020-09-08 001.jpg
真っ先に来てチェインソーの目立て(会長)


2020-09-08 007.jpg
↑岡田会長自ら伐倒役を
他の会員は伐倒方向へ綱引き↓
2020-09-08 003.jpg


2020-09-08 010.jpg
改めて太さに驚く


2020-09-08 005.jpg
↑皆さんお疲れ様 ↓
2020-09-08 020.jpg


Posted by 中村 巖 at 14:13 | 間伐作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3451
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集