CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 畑草 丸坊主にして 我が娘 | Main | 慈雨もらい 里山花壇 五月尽 »
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
入梅の 近しを告げる 花模様[2020年05月30日(Sat)]
 南九州が梅雨入りしたというからこの辺りの入梅も時間の問題ではあるまいか?そんな今日も少しコンディションが良さそうなので里山に出かけてみると、既に石崎さんの手で水やりは終わっていて空タンクも彼の軽トラ車上にありました。水源地でタンクに水汲みをするというので帯同しました。

 水源地では、岡田さん、河本君、澤野さんが既に玉ねぎ収穫の準備をしていました。石崎さんも加わって4人で収穫、耕耘などが行われました。私は意欲や力が入らずただ見物させてもらいました。


2020-05-30 002.jpg
紫陽花も色づいて


2020-05-30 005.jpg
里山の水遣りは終わっていました


2020-05-30 008.jpg
↑玉ねぎ少し小粒だとか↓
2020-05-30 009.jpg


2020-05-30 021.jpg
次回定例日のお土産作りです


2020-05-30 027.jpg
次のために耕耘する河本君


2020-05-30 028.jpg
枇杷の収穫に向かうご両人



 
Posted by 中村 巖 at 15:51 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3358
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集