CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 雨風に 襲われ無残 桜かな | Main | 桜見は やはり青空 山城山 »
最新記事
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
長雨に耐えて薄墨桜かな[2020年03月28日(Sat)]
 新型コロナウイルスとの闘いが各方面で深刻化していますね。幸いにして当地方ではコロナはさほど脅威とはなっておりませんが、私の健康状態を案じて娘たちが入れ代わり立ち代わり電話で探りを入れ来ます。そして今日は上の娘が広島から帰ってきました。

 娘は私のマスクを作ると材料を取り揃えて持ち帰り、早速私の顔の鼻の周りにメジャーを当てて採寸してくれました。どんなマスクができますことやら(笑)

 そんな中私は昼過ぎの小雨の中を車で里山を周回しました。これも私の治療の一環です。


2020-03-28 015.jpg
↑小雨の中なのでまるで薄墨桜↓
2020-03-28 014.jpg


2020-03-28 004.jpg
1本だけつつじも咲き初めました




Posted by 中村 巖 at 19:07 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3298
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集