CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 春の昼 きずな手繰りて 花の森 | Main | 長雨に耐えて薄墨桜かな »
最新記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
雨風に 襲われ無残 桜かな[2020年03月27日(Fri)]
 昨夜来の雨は夜明けとともにさらに勢いが増し、当地筆も大雨や洪水の注意報が矢継ぎ早に出されています。雨も終日激しく降り続いていてさすがに里山に出かけることもできません。

 こんな日に私にできることは、HPのチェックと来し方を振り返ってみることです。作業日誌ページトップにスタートの日付まで一気に飛び降りるボタンがありますのでお試しください。


2008年6月16日の画像を見てみましょう。↓


20080616_046.jpg
↑このころは会員も10名前後でした↓
20080616_047.jpg


20080616_051.jpg
北側から見た旧道入り口


20080616_026.jpg
ようやく向こうに人影が見えました


Posted by 中村 巖 at 13:23 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3297
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集