CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 二人して マンサク移植 応援す | Main | 雨風に 襲われ無残 桜かな »
最新記事
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
春の昼 きずな手繰りて 花の森[2020年03月26日(Thu)]
 昨日の午前中の模様は昨日のブログでお知らせしましたが、実はその後で私にとっては感動的な一つのドラマがありました。

 昼食後の昼休み、気になることがあって きずなの森に行って驚きの光景を見つけました。入り口の花壇の手入れをしている人を見つけました。その人は、かつて佐波の里山の仲間でもありました 柴田さんです。私のブログで 花壇に手が行き届いていない様子を知り、気になって駆け付けたとのことでした。柴田さんは今回に限らず時々来てくださっていることを私は気づいていました。これも「きずなの森」が引き付ける きずなの力がなせる業なのでしょうね。


2020-03-25 013.jpg
↑柴田さんの笑顔を見つけました↓
2020-03-26 006.jpg


2020-03-26 005.jpg
これも柴田さん持参で植栽


2020-03-26 007.jpg
この辺りきれいになりました。


Posted by 中村 巖 at 13:22 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3296
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集