CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 山眠る病院帰りの散歩かな | Main | 炭焼きの白煙流れ丸太伐る »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
冬の朝四半世紀の鎮魂歌[2020年01月17日(Fri)]
 目覚ましラジオが25年前に起こった阪神淡路大震災の時を告げながら鎮魂歌のトランペットを響かせておりました。

 今日も里山に出向いて気が付いたことがあります。それは石垣の間から生えている樫の木です。このまま放置すればやがてさらに大木となり石垣を崩落させてしまうかもしれません。ということで早速2本を伐倒しておきました。倒した幹を利用して腐食している道の土留めを取り換えたいと思いますが重くて一人では無理なので19日に協力よろしく。

 今日は吉川会長も来て、19日の定例作業に備えていました。お疲れさまでした。


2020-01-17 012.jpg
吉川会長も出勤でした


2020-01-17 007.jpg
この辺りを清掃しながらふと見ると


2020-01-17 009.jpg
石垣の間から樫の木が2本


2020-01-17 017.jpg
早速切り倒しました


2020-01-17 015.jpg
ここの土留めを取り換えたいと・・・


Posted by 中村 巖 at 14:05 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3248
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集