CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 初仕事狙いすまして伐倒す | Main | 幾千万紅い実のなる木を助け »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
温し冬焚火もせずに窯の中[2020年01月11日(Sat)]
 昨日、今年最初の佐波の里山SN全員作業を きずなの森 で行ったばかりの今日は、海北迫釜(みぎたさこがま)の活動日でした。今日は参加者も少なく私も炭窯の中に入って竹炭の窯出し作業を行いました。

 午後も引き続き迫釜の関連で、きずなの森 から薪と昨日伐倒したばかりの樫の木を炭材として持ち帰りました。また真竹の竹割も新しい方法で行いましたが腰に来ました。


2020-01-11 004.jpg
真竹の次の仕込みを行いました


2020-01-11 007.jpg
周辺の清掃を行う婦人部


2020-01-11 012.jpg
おやつタイム 平尾君の目が光る


2020-01-11 013.jpg
西村主宰は正月も窯の火を守りました


2020-01-11 018.jpg
三谷から樫の木を持ち帰りました


Posted by 中村 巖 at 19:01 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3242
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集