CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 冬温しされど炬燵の恋しかる | Main | 野土花なりフグひれ酒の炎かな »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
冬半ばにて薔薇のまだ咲きにけり[2019年12月19日(Thu)]
 12月半ばというのに庭の薔薇はまだ咲いています。これも地球温暖化のなせる業でしょうか?

 そんな今日も午前中は きずなの森 にて昨日の続き作業を行ってきました。即ち薪化できなかった腐食材の埋設作業ですがほぼ完了しました。

 当面三谷の作業で残っているといえば、落ち葉の清掃ですがこれはもう少し辛抱した方がよさそうです。まだ日々雨風で落葉が続いています。
 今一つは来るチッパー作業に向けての準備ですが集積場所の確認くらいでしょうか?
 最後に大きな作業は、椿の杜の中の大木伐倒です。これはみんなの息と技術の成果が試される難事業です。一番の課題は伐倒方向でしょう。よ〜く事前に検討を重ねて行ってください。

 さて私は今夜出かけて 一息ついてきます。


2019-12-19 002.jpg
まだ薔薇が咲いています


2019-12-19 008.jpg
今日は石崎さんが姿を見せました


2019-12-19 003.jpg
↑腐葉土の中に府食材を埋め込み↓
2019-12-19 011.jpg


2019-12-19 009.jpg
さぁ一段落したので出かけてくるぞー



Posted by 中村 巖 at 13:32 | 花鳥風月 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3215
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集