CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 極月の病院送りはひどすぎる | Main | 落ち葉敷き枯れ木倒れる森の奥 »
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
伐倒の思案見上ぐる冬の空[2019年12月08日(Sun)]
 昨日、炭窯の日だったので来れなかった 三谷へ今日行ってみて驚きました。椿と柿の木の里が奇麗に落ち葉の清掃がなされていました。この徹底ぶりはもしかして K間さんでしょうか?ご苦労様でした。

 入口駐車場に積み上げてあった薪が少なくなっていたので本日午前中出勤して、倉庫後ろに積んであったものを移動し本日午後、海北迫釜へ運搬しておきました。今後順次三谷→海北への移動を行う予定です。


2019-12-08 001.jpg
椿の杜&柿木の里落ち葉が奇麗に


2019-12-08 004.jpg
ここから


2019-12-08 009.jpg
ここを経由して


2019-12-08 011.jpg
ここへ運ばれ


2019-12-08 013.jpg
すっきりしました


Posted by 中村 巖 at 16:34 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3204
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集