• もっと見る
« 里山や雨に阻まれ助けられ | Main | 梅雨明けの縁にかかりて凶と出る »
最新記事
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
雨上がりと思いきや梅雨の雷[2019年07月22日(Mon)]
 病院へ傘を持参は正解でした。血液検査をして待つ時間が長かった。薬局までの距離に雨傘は役立ちました。すぐにわかる結果を見る限り異常はありませんでした。1週間後に再度確認に来院しなければなりません。

 昼食後、空が明るくなったようなのできずなの森に出かけましたが、途中からひどい雨。明日が定例作業予定日なので少しでも準備をと思いましたが車にて森を1周しただけに終わりました。落下枝の整理や小笹刈り払いも作業に加えなければなりません。


2019-07-17 001.jpg


Posted by 中村 巖 at 15:34 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/3058
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集