CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 牡丹散り シャクヤク開く 雨上がり | Main | 鞭打ちて 右田ヶ岳に 老いの春 »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
平成も 名残惜しきの ラベンダー[2019年04月27日(Sat)]
 土曜日なので 海北迫釜(みぎたさこがま)の日でした。ですが直行ではなく やはり きずなの森 を経由しないとどこへも行けない私です。カエルと遊びラベンダーを見つめてそれから炭窯へ。

 今日は焼きあがった竹炭を窯出しする作業でした。新しい仲間も見えました。ここはここでまた楽しからずや!早く終わったので 再び きずなの森 へ行ってみると 野口顧問の車があるではありませんか。広い森の中を探していると 隣の つつじが原 で天敵ホテンドウ(サルトリイバラ)を退治している野口さんの姿を見つけました。

 今日は午後も一眠りの後、三度 きずなの森 に出向き、気になっていた番外地Aの雑草刈り払いを行いました。


2019-04-27 003.jpg
朝一の里山でラベンダーに癒される


2019-04-27 007.jpg
アオガエルとも遊べました


2019-04-27 012.jpg
平尾君と西村主宰


2019-04-27 016.jpg
新しい仲間・朝田さん


2019-04-27 017.jpg
海北迫釜の美魔女たち


2019-04-27 018.jpg
窯の出口に咲いていた花


2019-04-27 024.jpg
こんな姿もよく似合う・野口さんです


Posted by 中村 巖 at 18:23 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2976
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集