CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 雨一夜 明けて落ち葉の 二月尽 | Main | 春の声 作業予告の 矢継ぎ早 »
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
三月の 声に草花 目を覚まし[2019年03月01日(Fri)]
 今日から弥生三月名実ともに春の気配です。我が家の庭もクリスマスローズが一足早く咲き誇っています。亡き妻と椿か山茶花で意見が分かれた花が今年も咲きました。散り方を見ても中途半端でどちらとも言えず爾来私の中では「ツバンカ」と呼ぶことにしています。

 さて今日も今日とてきずなの森で過ごしましたが、来る3日の定例作業日に植栽する予定の花木と肥料が羽嶋翔翠園さんから現場に持ち込まれ、吉川会長と二人で受け取りました。係りの人から穴の掘方や水やりの期間などまたシャクナゲの和洋の区別など教わりました。3日が雨の場合他の日に変更されます。そして私は3日でなければ参加可能となります。

 昼前に海北迫釜の西村主宰に用事があって行ってみて驚いたことに窯出しの作業が行われていました。明日の土曜が今日に振り替わったらしい。里山のチッパー作業が忙しく無理だろうと気を使って連絡しなかったとのこと。二つのグループに籍を置いているとたまにこんなことも出来します。ご迷惑をかけました。


003.jpg
シャクナゲ植栽場所の選定


004.jpg
届けられたシャクナゲ他


008.jpg
海北迫釜では窯出しが行われていた


009.jpg
我が家の ツバンカ


014.jpg
同じく クリスマスローズ


Posted by 中村 巖 at 14:37 | 花壇 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2919
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集