CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 残し柿 メジロ来りて 礼を言ふ | Main | 枝切を 残して来る 時雨かな »
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
大木が 地響き立てて 冬の森[2018年12月10日(Mon)]
 今日は空模様もよく予定では午後、熊毛テニスへ参加するはずでした。かといって午前中を無駄に過ごす手はありません。いつものごとく里山に赴き気になっていた木を切ることにしました。自然の傾きのまま倒すと農家の農機具庫の屋根をつぶす恐れがあり、ロープで逆方向に引きながら切断するという離れ業を成功させました。

 午後、気疲れと体力消耗でテニスへ出かける意欲が失せてしまい炬燵で転寝をして目覚めると体力気力が回復していました。テニスへの時間は間に合わないので再び里山へ。今度は会長指示の大木を伐ることに・・。しかし午前中活躍してくれた大型チェインソーが始動しません。今回初めてのことですが凡その原因は見当がついているのでプラグを外して掃除、ついでにエアフィルターも掃除して見事エンジンスタートしてくれました。


002.jpg
↑ロープで引きながら倒しました↓
005.jpg


016.jpg
プラグとエアフィルターを掃除


014.jpg
この2本を伐倒しました


024.jpg
大木です





Posted by 中村 巖 at 17:10 | 間伐作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2838
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集