CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 懐かしや 2年に一度 秋の宴 | Main | 紫陽花や 秋晴れ続き 拗ねており »
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
秋祭り 都会若者 同化せり[2018年10月14日(Sun)]
 今日は防府天満宮の花神子祭りの日でした。毎年行われているのですが私はもう半世紀以上見物したことはなかったのです。今回エシカルバンブーの若者が参加するというので久しぶりに見物に出かけました。昔は新橋から出発し千日町、今市、宮市を通って天満宮までがルートでしたが交通事情もあって今は防府駅からのルートに変わっています。石本君は凛々しく頼もしく役目を果たしていました。

 午前中は里山に行き頑張りましたがチェインソーの目立てをしながらやっと2本の木を倒しただけで終わりました。倒した木は、海北迫釜へ引き取ってもらう太い部分、チッパーにかける枝葉の部分、遊歩道に使用する部分に分けます。

柴田優爾さんがお見えになりました。家のオリーブを里山に移植させてもらえないかということでした。もちろん喜んでお受けし21日の定例作業日に持参していただくことにしました。


002.jpg
切って3部分に分別します


003.jpg
柴田さんがお見えになりました


070.jpg
石森君頑張りました


Posted by 中村 巖 at 18:19 | 間伐作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2781
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集