CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 紫陽花や 生き延びそして 早く咲け | Main | 雷鳴と 雨に歓喜の 蝉時雨 »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
目覚めれば 夏との死闘 今日もまた[2018年08月29日(Wed)]
 8月も残りわずかとなりましたが、今年の夏はこれまで経験したことのない異常な暑さ続きだったと思います。「危険な暑さ」という気象用語まで生まれる始末。今日もまたその暑さが続いておりました。って実はまだ午前中なのですが確信をもって言ってしまいます。

 日ごろ水汲みでお世話になっている石崎さんの呼びかけもあり、三谷の紫陽花に水やりを終えて後おっとり刀で協和水源地に駆け付けました。すでに石崎さんをはじめ岡田さん、米倉さん、河本さんが汗みどろで畑を耕していました。最後には吉川会長も駆け付けました。

 吉川会長は私と共に三谷へ戻り林内の様子を見回りました。石崎さんはいつものように水源地の水を三谷へ配達してくれました。


005.jpg
暑い中ご苦労様!


007.jpg
↑血圧が下がったので休憩 再開↓
009.jpg


012.jpg
きずなの森を見回り中


013.jpg
紫陽花ばかり気を取られていたら
牡丹が枯れていました



Posted by 中村 巖 at 10:45 | 天然・自然 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2737
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集