CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 紫陽花の 命を繋ぐ 水運び | Main | 紫陽花や 生き延びそして 早く咲け »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
椿の実 種を宿して お大事に[2018年08月26日(Sun)]
 日曜日の今日もいつもと変わりない危険な猛暑日。森に着くとすでに大勢の先客があり、それはヨガのグループでした。今日はエンジン音はさせまいと水やりとシイタケ林の整備を行いました。今日も石崎さんは協和水源地から水を運んでくれました。

 午後は、臨時に海北迫釜から臨時作業の要請が入り、水道用水の取水池の清掃を行ってきました。

 明日は午前中血液検査のため作業は休みます。


013.jpg
椿の実が色づいて膨らんできました

003.jpg
イノシシに引っこ抜かれた1本が心配

010.jpg
今日も石崎さん

006.jpg
↑これもイノシシの仕業か?↓
009.jpg


002.jpg
↑午後は水道取水池の掃除↓
001.jpg





Posted by 中村 巖 at 19:17 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2735
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集