CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 朝ドラの 涙も欲しい 日照りかな | Main | 椿の実 種を宿して お大事に »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
紫陽花の 命を繋ぐ 水運び[2018年08月25日(Sat)]
 今日もせっせと石崎さんは軽トラで協和農園から上右田のきずなの森まで水を運んで紫陽花に注いでくれました。おかげで青々と生き延びています。やがてきれいな紫陽花畑が花を開いたとき、その陰でどれほどの苦労があったかを忘れないでおきましょう。

 今日は きずなの森 本体から離れて、三谷川 水辺に近い森の方を2台の草刈り機(チップソー&ナイロンコード)を駆使して下刈りしました。


003.jpg
今日も水運びと水やりご苦労様

001.jpg
一式備えていざ出陣!

005.jpg
↑このあたりを下刈り↓↓
006.jpg

007.jpg



Posted by 中村 巖 at 16:23 | 刈り払い | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2734
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集