• もっと見る
« 里山や 果実の里に 今年竹 | Main | 打ち付ける 雨音添えて 梅雨の雷(らい) »
最新記事
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
紫陽花の 打ちひしがれて 哀れかな[2018年06月27日(Wed)]
 昨日の予定では今日はのんびり深谷渓温泉にでも浸かって夜は久しぶりに居酒屋へという算段でしたが、今朝になり念のために調べた結果温泉は水曜日が定休日ということでした。時間がもったいないので昨日退院したばかりの病院へ赴き入院証明書の作成を依頼しておきました。

 我が家の玄関前の紫陽花が雨風に叩かれ倒れていました。いつもなら7月末に剪定を行うのですが今年は少し早めに倒れた部分だけの剪定を行っておきました。

 夜は居酒屋ではなく、健康講座に参加してきました。今夜は少し趣が変わって 中原中也記念館の福田百合子名誉館長が「こころ・ことば・からだ」と題しての講演がありました。


010.jpg
↑入院中に花房の重みに耐えかねて↓
004.jpg


003.jpg
石森君一人で頑張っていました


007.jpg
白髪の貴婦人福田百合子先生


Posted by 中村 巖 at 20:52 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2677
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集