CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 夫婦愛 きずなの森の 物語 | Main | 萌えみどり 色鮮やかに 朝の森 »
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
山霧の 景色も濡れて 亀歩く[2018年05月23日(Wed)]
 朝から終日雨の一日でした。それでも少しの間小雨になる時がありました。里山中毒の私は車に飛び乗りきずなの森へ。いつも通りに きずなの森は待っていてくれました。一人先客がいて傘をさして三谷川を覗いている男性がいました。瞑想の邪魔をしてはいけないので私は公園道路を終点まで遡って帰りました。

 午後一で西村主宰と二人で市役所へ赴き”チッパー”を拝借して帰りました。今日のご対面は西村さんと市役所職員のほか亀一匹、番のコゲラだけでした。静かで平和な雨の一日でした。明日は三谷の旧道で仲間たちと紫陽花&シャクナゲの植え付けを行う予定です。


002.jpg


006.jpg


010.jpg


008.jpg


006.jpg



 
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2653
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集