CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 贅沢は花散る下のテニスかな | Main | 花散りて雨後の筍野のスミレ »
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
里山でタイツリソウとはこはいかに[2018年04月05日(Thu)]
 昨日の久しぶりのテニスが堪えて今日は足腰がけだるく思うように動きません。それでも寝ていては不健康といつものごとく里山に。
 まずはつつじの咲き具合に驚きました。ここ2〜3日で一挙に開花が進んでいますが全体的にはまだ半分以下です。やはり早く間伐した森から順番に咲き始めているようです。

 今日の作業は 野口庭園夢の森 の枯葉の山を移動させることでしたが、一山だけで10往復以上運びましたが疲れてやめてしまいました。残りはまた後日少しづつやります。


032.jpg
タイツリソウがひっそり咲いていました


003.jpg
この鳥なかなか逃げません


026.jpg
タラの芽が収穫時期では?


017.jpg
園芸種のカタクリも咲きました


021.jpg
↑今日の作業場所↓
022.jpg


Posted by 中村 巖 at 13:22 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2605
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集