CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イノシシや 何の恨みぞ そこまでも | Main | 木漏れ日に ショウジョウカエデの 赤く燃え »
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
秋晴れや 森にこだます 老爺たち[2017年11月15日(Wed)]
 今日の水曜サロンは期せずして 7人の侍が集合しました。吉川会長と私はやがて切り倒す木に印をつけ、さらにベンチ用の丸太を移動整列させておきました。

 石崎さんはそのベンチ用の木にカンナをかけペーパーできれいに目地を出しました。カブトムシ博士と樹木博士を目指す福ちゃんは木の名札を作製し勝てました。

 野口さんはいつものように夢の森の雑木を切ったり刈ったりしてコツコツと理想に向かって邁進しています。岡田さんも落ち葉を清掃し来る森の美術館の会場仕上げに余念がありません。渡部さんはいつものように下枝やひこばえを切り取る作業をしました。

 このように一見バラバラな作業をしているように見えるもののそれぞれ季節ごとにイベントごとに目的に向かっているのです。来週月曜の定例作業日には、中央三角地内の清掃特に遊歩道の清掃と側木整備とベンチ塗装を行う予定です。


2017-11-15 012.jpg
↑ベンチつくりに余念のない吉川・石崎↓
2017-11-15 016.jpg


2017-11-15 018.jpg
一人静かに理想の森作り・野口さん

2017-11-15 023.jpg
さぁ帰りましょう!と3人さん

2017-11-15 019.jpg
小枝切りの渡部さん

2017-11-15 011.jpg
彩の 様々とあり 森静か


この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2466
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集