CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 夏と秋境界線の上を行く | Main | 山道を超えて稲穂の垂れる里 »
最新記事
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
竹炭の焼け具合見る残暑かな[2017年08月30日(Wed)]
 今日は水曜サロンの日でしたが私は竹炭の方にスカウトされて、海北迫窯(みぎたさこがま)の仲間と汗をかきました。ユンボに踏まれて壊れていた竹割り設備の修復を手伝いました。技術のない私は馬鹿力で貢献することができました。

 夕刻からは宮村さんや竹やぶの地主さんも加えて湯野温泉で宴会を張りました。その様子は後刻改めてご報告できるかと・・・


2017-08-30 008.jpg
↑弘中さんは電動工具で↓
2017-08-30 010.jpg


2017-08-30 015.jpg
西村主宰は電気溶接も

2017-08-30 020.jpg
修復が完了しました

2017-08-30 003.jpg
ペットのたぬ公も一安心



Posted by 中村 巖 at 15:10 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2392
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集