CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日照りには少し足りない梅雨の雨 | Main | 梅雨豪雨作業終了まで降らず »
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
なぜ梅雨に林道作業と人の問う[2017年06月23日(Fri)]
 今日は、来る28日の市と複数ボランティア団体による旧山陽道整備作業のための下見に正副会長3人による下見に行ってきました。昨年に比較すれば少しは少ないかもしれませんが相変わらずの雑草繁茂や倒木で鍛えられそうです。

 帰りに出会った地元の人が「なぜこんな梅雨時期にやるの?冬にすればよいのに!」と言っていましたが作業時期は一考の余地があるかもしれませんね。

 その前に明日は大平山ふれあいのの森づくり作業に参加します。SSSNからは7人程度参加者がありそうです。


2017-06-23 004.jpg
佐野側入り口に新しい案内表示

2017-06-23 011.jpg
倒木が道を塞いでいました

2017-06-23 015.jpg
雑草繁茂の場所

2017-06-23 017.jpg
切らないで花虎の尾が命乞い


2017-06-23 001.jpg
梅雨なのに森の水やり人の手で


Posted by 中村 巖 at 12:44 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/2324
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集