• もっと見る
« 朝ドラと雨雲レーダーにらめっこ | Main | 花言葉ご縁のないまま桔梗咲く »
最新記事
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
抱卵の野鳥はどこへ雨の中[2016年06月28日(Tue)]
 午前中、あちこちの刈り払いを行いました。旧道と新旧連絡道の交差点辺り、川べりの広場の中、市道沿いの刈り残し等々・・このシーズンは雨上がりに行けばいたるところ雑草や小笹の育ちざかりです。次は旧道北部入り口から南下予定。

 そんな中、野鳥の会のMさんも コジュケイ が気になるのか今日も観察に来ていました。そして 巣の中に卵3個を残して親鳥が居なくなっていると・・・二人で探しているとすぐ近くから2羽の成鳥が飛び立ちました。我々があまりたびたび覗くので引っ越し中だったものと思われます。こんなことになりはしないかと心配していたのですが・・しばらく近寄らないで静かに見守ることにしようではありませんか!?


2016-06-28 001.jpg
田の口会館方面からの旧道

Posted by 中村 巖 at 18:32 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1968
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集