CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 笹ゆりの 芯を残して 末期かな | Main | 梅雨晴れに響く南京玉すだれ  »
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
霧雨や燕返しの4羽5羽[2015年06月19日(Fri)]
 小さな霧雨が降っている。まさしく梅雨といった風情である。大雨洪水は昔は梅雨末期にあったような・・。さてそんな中 きずなの森 を一周して異常なしを確認(笑)後、皇帝の庭 に面した道路の法面を刈り払い機で除草。燕の集団が虫を求めてか道路すれすれに飛んで来ては私の前で引き返して行く。これぞ 燕返し というべきか。−中村がん記−

2015-06-19 012.jpg
燕返しの瞬間を(左上隅にも1羽)

2015-06-19 006.jpg
道路法面を刈り払い

2015-06-19 002.jpg
↑ 今日のアガパンサスはこんな具合 ↓
2015-06-19 003.jpg


2015-06-19 014.jpg
午後再び行ってみると吉川夫妻が名札立てを
小雨の中ご苦労様です。

Posted by 中村 巖 at 11:45 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1592
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集