CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イノシシのヌタバ整備で泥だらけ | Main | コンバイン赤く縁取る彼岸花 »
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
人生の半分のたりの秋はじめ[2014年09月18日(Thu)]
 考えてみればなにゆえにこれほど里山整備にのめり込んでいるのであろうか?朝8時頃から午前中、季節を問わず全身全霊を振りしぼって何かに憑かれたように 間伐・下刈り・道整備・階段作りなどなど・・・。生きる力を半日で使い果たし午後はぐったり寝込んでいる自分は一体何なのか?

 結局里山整備が今の自分の環境には健康的で経済的で最適の活動なのであろう。妻がいて孫がいればこのような人生は送れない。人それぞれに違っていていいのだ!そんなことを考えながら今日もイノシシぬたば の廃材整理を行ってきた次第です。

 そうそう阿部さんが入口広場のテーブルを再生してくれていました。今回は防腐剤が塗布してあります。


2014-09-18 002.jpg
まん中のテーブルが更新されました

2014-09-18 013.jpg
雑草も廃材もなくなってイノシシは
思いっきりのたうちまわって遊べるでしょう!

2014-09-18 019.jpg
廃材で土止めや階段も

2014-09-18 007.jpg
今日の紅白彼岸花




Posted by 中村 巖 at 14:29 | 軽作業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1413
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集