CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 薫風に 吹かれて協働 旅の道 | Main | 一花も咲かせず紫陽花刈り取られ »
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
山荘で筆とる絵師の独り言[2014年05月24日(Sat)]
 今日は、里山を忘れテニスに興じてきたので、室積湾の景色でもお見せしたいと思いますが、その前に今朝配信された 絵師到 さんの作品を紹介しましょう。

「風の道」

山荘38.jpg

 
絶景の地点を去りがたくうろうろしています

●まだ水を張った田は少なく殆どは草のまま。この北にある信州安曇地区では5/1〜15日で田植する筈なので遅いようだと言ったら、そうかもしれんここは風の通り道で冬はWえらく寒いW地域だという。なるほど。よく覚えておこう、来年田植の時季に来るために。//絵師 到


-------------------------------------------------------------------------

2014-05-24 004.jpg

海と空の 仲を取り持つ トンビかな

2014-05-24 007.jpg


2014-05-24 010.jpg
↑ いずれもカンポの宿光の6階からの眺め


Posted by 中村 巖 at 18:24 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1297
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集