CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 機器手入れ試し切られる木や哀れ | Main | 濃い霧に包まれ冬のファンタジー »
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
霜融けて汗のながるる木挽きかな[2014年01月23日(Thu)]
 久しぶりに冬の晴れ間が終日続いた一日でした。朝の内は大霜で冷え切っていましたが森の中で作業するうちに汗びっしょりになってきました。今日は柿の木の森と椿の森の中の整理と間伐を行いました。

2014-01-23 001.jpg
↑ ヒコバエを除くと柿の木が見えてきました ↓
2014-01-23 002.jpg


2014-01-23 004.jpg
常緑の大木が倒れ桜の木に日が当たるように


密林の中で負けじと
背伸びする  
  ツツジ・サクラのやせ細りたる  



Posted by 中村 巖 at 15:15 | 間伐作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1176
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集