CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 逆光にコンビナートの蒸気かな | Main | 寒空に竹炭窯の納会 »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
啄木鳥(キツツキ)も忙しげなる暮の森[2013年12月29日(Sun)]
 朝から小雪が舞っている三谷森林公園へ車で上って見た。毎日のように きずなの森 のそばを工事車が上がりおりしていたがさすがに今日は仕事納めも終わった日曜日で静かだ。

 きずなの森ではコゲラがトントンと栗の木に穴をあけている。音の間隔が少し早く聞こえるのは気のせいであろうか?カレンダーはなくてもコゲラにも年の瀬であることはわかっているに違いない。

 3時間ばかり椿の森をさまよいながら、椿の木の周りの雑木を伐木したり積み上げて整理したりしておいた。まだまだ森の中は暗い。南側にもう一枚雑木林があるので将来はそこまで手入れしないと明るくはならないであろう。まずは三谷川沿いの新つつじヶ丘の整備が済んでからのことであるが・・・

2013-12-29 002.jpg
年末で工事は休みに入っているようだ


2013-12-29 010.jpg
コゲラも年末で忙しそう


2013-12-29 006.jpg
新つつじヶ丘もかなり整備が進んでいる
渡部さんだろうか?


2013-12-29 016.jpg
椿の周囲を重点的に整備










Posted by 中村 巖 at 14:39 | 間伐作業 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1151
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集