CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 冬晴れ間小さきテントの人一人 | Main | 里山の後塵拝し賀状かな »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
竹炭の窯の屋根なる今朝の冷え[2013年12月25日(Wed)]
 今日は竹炭グループの方から声が掛かり、午前中 窯の屋根の土叩き に行ってきました。しかしまだ乾き切っていなくて柔らかく叩き板にくっつくので中断し、窯を覆う建屋のためのヒノキの間伐を裏山で行いました。今日は思いっきり十数メートルのヒノキの大木を何本も切り倒す醍醐味を味わうことが出来ました。(笑) しかし、ここのチェインソーはガイドバーが短いタイプなので苦労しました。

2013-12-25 001.jpg
竹炭窯の全容が姿を現しました


2013-12-25 015.jpg
叩くと濡れて光る屋根の表面


2013-12-25 007.jpg
冬には珍しい紺碧の空に半月


2013-12-25 024.jpg
檜の間伐材


Posted by 中村 巖 at 16:35 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1147
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集