CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 木枯らしが きずなの森を 通り抜け | Main | 手を休め腰を伸ばせば秋の雲 »
最新記事
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
川霧が視界一面ボカシかけ[2013年11月12日(Tue)]
 今日は竹炭の方に手伝いに行く日だったのですが、三谷の きずなの森も気になるので早朝7時半から出かけました。気温が急激に下がったせいか佐波川から立ち上った霧が佐波川沿いの右田地域全体を覆って視界不良となっていました。きずなの森では一時間ほど下草刈りをして竹炭の方へ回りました。

 竹炭では、構築中の炭焼き窯に入れ燃やして窯土を加熱成形するための木を一定の長さに切断する作業をしました。今日のメンバーは KHKOBの浅江さん、宮村さん、山下さん、私そして 竹林ボランティア防府の属さん の5名でした。

20131112_002.jpg
朝江さん(右)と山下さん


20131112_004.jpg
宮村さん(右)と属さん


佐波川に
霧立ち上り真白きの
墨絵大作
描き上げにけり



Posted by 中村 巖 at 15:00 | 炭焼き | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1103
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集