CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« パソコンじゃ厭だとロケット駄々をこね | Main | 水遊び園児の声に癒やされる »
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
エンジンを止めれば法師秋隣[2013年08月28日(Wed)]
 朝から順調にスタートした刈り払い作業だったが、やがて小笹の場所になると切れなくなってしまった。良く見ると刃がきれいに飛んで無くなっている。この場所はつる性の雑草が多く土から削るように刈っているので小石や時に岩石にあたる頻度が高いので刃がイカレてしまう。柔らかい草はそれでもよく切れるのであるが・・・

 機材を交換して何とか予定地を終了することが出来た。エンジンを止めるとそれまで気がつかなかったが法師蝉がせわしげに鳴いている。短い命を懸命に謳歌しているのであろう。秋も近しを感じることが出来る今日の森の作業であった。

2013-08-28 009.jpg
↑今日の作業場所↓
2013-08-28 008.jpg


2013-08-28 005.jpg
刃先がきれいに無くなっている

2013-08-28 011.jpg
明日からはここに挑戦


20130826_003.jpg

引き抜かれ掘り返されし・・・
ホトトギス
・・・・野猪のなせる業と知れども


Posted by 中村 巖 at 13:42 | 刈り払い | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1021
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集