CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 猛暑日も汗を流せば清々し | Main | 滝壷で足水をして生き返り »
最新記事
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
水遣りも決死の覚悟熱中症[2013年08月12日(Mon)]
 昨日は当地も37℃超と伝えられたが、今日も昨日に勝るとも劣らぬ暑さを感じたが如何だったであろうか?!そんな日は夜明け前に水やりに行きたいのであるが・・・なんせ”あまちゃん”を見ないでは出かけられない状況に陥っていることは以前にも申し上げた。(笑)

 今日など・・じぇじぇじぇじぇじぇ!ついに橋幸夫吉永小百合まで登場すると言う事態に至ってしまった。(声だけではあるが)この奇想天外な展開が目を離せない所以でもあるのである。

 前置きはこのくらいにして、そんなわけで今日も急いで8時半から出かけたのであるが、もはや気温は30℃を超えていたのではあるまいか・・両手バケツで三谷川からの往復は辛いものがあった。危篤状態の木々には2杯ずつ、その他はバケツ1杯ずつ そして入口花壇にも数往復。もちろん飲料水を飲みながらではあるが限界を感じて刈り払いは中止、帰宅しシャワーを浴びてビールで乾杯

0812 (3).jpg
近藤さん寄進の山桜は危篤状態


0812 (5).jpg
焼け石に蝶の止まりて何思う


0812 (6).jpg
猛暑の中でショウジョウソウだけは元気いっぱい


Posted by 中村 巖 at 15:44 | 花壇 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/sabayama/archive/1004
コメントする
コメント
検索
検索語句
プロフィール

佐波の里山サポートネットさんの画像
リンク集