CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« イベント | Main | 読書など»
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

s-tajimaさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/s-tajima/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/s-tajima/index2_0.xml
あけましておめでとうございます [2012年01月05日(Thu)]
本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は大震災や台風など大変な年でした、今年が平和な年でありますよう、心から願います。

〈ゆうゆうの里〉では、3月28日から10月14日までの202日間、職員を岩手県大槌町等に派遣し支援活動を行いました。
被災地では、高齢者への入浴支援、仮設住宅での生活相談、グループホーム仮設の立ち上げ支援などを行い、わずかでも被災者の皆様のお役に立てたのではないかと思っています。詳細は財団ホームページに「震災ニュース」を掲示してあります、ご覧いただければ幸いです。

直接的な職員派遣は10月14日で終わりましたが、引き続き後方支援を行っています。震災支援活動を通じて、あらためて「寄り添う」心、ケアを受ける方々とケアする者との関係を築くことの大切さ…を学んだ一年でありました。

本年も、老人福祉財団の仕事に加え、日本社会事業大学専門職大学院の講義・ゼミ(主に週末)などに、しっかりと向き合っていきたいと思います。

皆様のご健勝とますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。


遠野まごころネット「復興の狼煙プロジェクト」ポスターより
風化させない [2011年12月14日(Wed)]
12月12日、「遠野まごころネット」東京事務所開所式が、JICA地球広場(渋谷区広尾)で行われ、参加してきました。
まごころネットのボランティアOB・OG、行政、NGO、企業などの関連団体から150人が参加し、遠野−被災地−東京を結ぶ新たな拠点としての東京事務所を開設を祝いました。

被災地の報告と展望を語るまごころネット多田代表


多田さんは地域が地域をケアする動きが始まっている、今こそ支援は必要、「風化させては行けない!」と語りました。

私も刺激を受け、ブログの再開と、財団震災対応ニュースの発行に取り掛かりました。
2か月ぶりの財団震災ニュースです
遠野市で「復旧・復興への緊急懇談会」に出席 [2011年08月06日(Sat)]
8月2日、東日本大震災復興対策本部の岩手現地本部長を務める津川祥吾国土交通大臣政務官(39=衆議院議員)が2日遠野を訪れ、「遠野まごころネット」など被災地で活動する民間ボランティア6団体の代表者との「復旧・復興への緊急懇談会」が行われました。



6団体の中には、日本老人福祉財団も含まれ、私も日帰りで遠野へ行ってきました。

被災県における政府の復興対策のトップが、地方自治体の首長や担当者を交えず、民間のボランティア組織と意見交換を行うのは極めて異例だそうです。

まごころネットの設立時からの後方支援(アドバイザー)団体である静岡県ボランティア協会小野田常務理事さんの尽力でこのような会議が開かれました。

会議の冒頭で、津川本部長は
「被災地の復興には、行政だけでなくみなさんようなボランティアの方々の力が大変大きい。これからの一体となった息の長い支援のため、みなさんのご意見をぜひお聞かせください」と述べました。

各団体から、日々の活動で直面している問題が述べられ、避難所から仮設住宅へ移行する時期に何をすべきなのか、具体的な提言がありました。

私からは、3月末からの大槌町での入浴支援で関わってきた皆さんの生活をフォローしてきた〈ゆうゆうの里〉派遣チームの活動を踏まえ、

仮設住宅というハード優先で、そこで暮らす人々の生活を支援するソフトが備わっていないこと。とりわけ、役場や病院などへの移動手段の不足、買物が出来ない、高齢者・障がい者などへの生活支援の不足…等が解決できていない・このままでは、仮設住宅での「居たきり化」「不活性」など、心と体の問題が取り返しのつかないことになるのではないか、
との認識を伝えました。

そのうえで、自衛隊が撤退し、物資テントを除き広大な空き地になっている「大槌町運動公園」に、地元の方による仮設商店街を設置、あわせて福祉・介護・生活援助・雇用などの公的な窓口も開設し、町内50か所近い仮設住宅との間をコミュニティバス等で結ぶ提案をしました。

復興基本計画が遅れ、大型補正予算のめども立たず・・・
でも、被災地の皆さんの生活は、今この時も営まれています。ある参加者が阪神大震災の際言われた言葉を伝えてくれました。

仮の住まいはあっても、仮の暮らしはない!
ほんとうに、そのとおりです

こぶしの花が咲きました [2011年03月19日(Sat)]
地震発生から1週間が経ちました。
「計画停電」を経験しましたし、夜遅く帰宅して閉店間際のスーパーで空っぽの棚を見てタメ息もつきました。さまざまな不便が起きています。
〈ゆうゆうの里〉でも、関東3施設では停電や食事の変更など、入居者のみなさんに不便おかけしています。職員にも普段に比べて大きな負荷を担ってもらっています。
入居者の協力、職員の奮闘に感謝し、励まされ続けた1週間でした。

報道によると、今回の大震災による死亡者はすでに7,000人近くに達し、なお2万人近い方の安否が確認できないでいると言われています。
また、被災地には40万人もの人々が避難生活を強いられています。福島原発の影響による避難も止まりません。

本日の新聞に、映画監督の山田洋二さんが、「貧弱な想像力を懸命に働かせて、被災地の人たちを思い続けたい。そうすることでつながっていたい。今はただ、そう思っています。」と語っています。私たちも、被災地の方々に心を寄せ続けることだけはしていきたいと思います。

一昨日、電車運休の不安を抱えながらも運良く普段と変わらない時間で帰宅しました。久しぶりに20時という早い時刻に帰れて良かった、と思って駅を出たところ停電中!でした
商店の灯りも街灯も消えた真っ暗な道を歩き、月明かりだけの団地に帰りつきました。
停電から復旧し灯りがついたときにホッとし、電気のありがたさを感じました。

私には、通勤や買い物など不便なことがありますが、被災地の方々のようなは被害はありません。「遠い東北で起こったこと」と受け止めず、被災された方々への思いを忘れずにいたいと思います。

「危機に面した時に、その人がどのような人であるかが分かる」と言った人がいました。この地震は天災で防ぐことはできなかったのだと思います。しかし、地震によって引き起こされる困難な事態は、私たちの知恵と力で回避することはできると思います。節電する、買占めをしないなど、私たちの小さな一つ一つの行動もきっと役に立ち、困った事態を防ぐことができると信じます。

団地のこぶしの花が咲き始めました。春は必ずやってくるのですね。
コメントが二つも [2011年03月13日(Sun)]
「拝啓 JR東日本様」に(ひとつ前の記事)に対して、お二人の方がコメントを入れてくれました。同じ思いを持たれた方がいらしゃるのです。

 徒歩で帰る道すがら、事務所のブラインドを開け、道行く人たちからテレビが見えるようにしている会社、情報不足の中でとても助かりました。
 「頑張りましょうね」と声をかけあう人々。
 私は出あうことは無かったのですが、徒歩で帰宅する人たちに飴を配っていた人がいたそうです。・・・暖かい他人を思う気持ちにたくさん出会いました。
 
 こうした方々に励まされ、足の痛みに負けず(騙しながら)20q歩いて帰宅できたのでした。

 人を信じることができない、人の痛みが分からない組織・・・そんな組織の未来は暗いと思います。

 私は最後の4駅だけ、再開した東横線に乗れました。駅を出るとき東急窓口の駅員さんに、渋谷駅で声をからして説明していた東急社員へのお礼を伝えて、最後の家路につきました。
拝啓 JR東日本様 [2011年03月12日(Sat)]
拝啓 JR東日本様

 昨日の地震後の対応について、どうしても申し上げたいことがあります。取り繕いではないご回答をいただけるよう期待いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私は、昨日(3月18日)17時45分ころ、帰宅難民と化して、日本橋人形町から、2時間かけて渋谷駅に到着しました。
 JRも東急もすべて運行停止でした。運行できないのは天災で方仕方がないことです。
 私は、電車が動かないことに怒りを覚えたのではありません。混乱する渋谷駅で、JRと東急という二つの鉄道会社の対応の違い体験して、JRにあきれ返ってしまいました。
JRの対応は、まったく「イカレ」ています。こんな会社が日本を代表する鉄道会社であるとは到底思えません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月18日20時前渋谷駅。「地震のため本日のJR線の運転はありません」とアナウンスがありました。その後すぐ「20時に東口‐西口間の通路のシャッターを閉めさせていただきます」とアナウンスがあり、シャッターが速やか閉まってしまった。東西通路の位置は構内図見てください。


 この「自由通路」閉鎖措置、その後の対応について、どうしても納得できないので以下に記します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
@自由通路を占めたこと
 何故シャッターを閉め、通常自由通路(切符を持たずに行き来できる)として利用させているのにも関わらず、地震で電車がすべて動かず、混乱した群衆であふれかえっている駅周辺の状態を知っていながら、シャッターを閉めて通路として利用をさせないのか?
 駅周辺は「帰宅難民」状態の人が溢れ、バスやタクシーを探しうろうろとしている。混雑に輪をかけるような配慮のない行動をとるのか。東口から西口へ抜けるためには狭隘なガード下歩道を通らざるを得ず、駅にあふれていた帰るすべのない人たちの不便不満は大変大きいものであった。
 *こうした問いかけにJRさんは「元々自由通路ではない」「JRの所有管理する通路だ」と答えるのでしょうね。たとえ社有地であっても、通り抜けができるよう開放するのが当たり前です。JR駅構内のトイレだけでも利用させたらどんなに喜ばれたでしょう。もともと国有鉄道で国民の者だった会社なのではないのですか。
 東急はトイレを利用させてました。

A説明をしようとしない体質 
 さらに大きな問題。シャッターを占めたのはJRです。しかし、JR職員は東口に説明に出てきません。多くの市民が右往左往し、「バス乗り場はどこ」「ここが通れないと何処を通れば良いの?」と切れ目なく問いかけていました。押し寄せる群衆に説明していたのは、東急のジャンパーを着た方でした。
 「JRのシャッターが閉まったので西口には抜けられません」と声をからして説明し、イラついた方から怒鳴られながらも説明を繰り返していたのは東急社員です。どう見てもおかしいでしょう?
 歩き疲れて「東横線が運行再開しないかなぁ」とわずかな期待を持ちながら、15分はその場にいました。JRの社員は見ていません。
 JR東日本、渋谷駅長に問います。地震で交通手段を奪われつらい思いをしている多くの市民へ、説明を尽くす。通路を通り抜けさせ利便性を確保する。トイレ(トイレはJR改札入ってすぐのところにありますね)を利用させ、喜ばれる・・・・このような考えに基づいた行動をするつもりは無いのですね。信じられない対応です。サービス業として失格ですが
人間として失格と言いたいくらいです。

Bサービス業の自覚がないと言わざるを得ない
 東京の私鉄各線の多くは。夜遅く運行を再開し、日付を超えても乗客を運んでいました。
結果論で言えば、「明日朝まで運転しません」はなんとかなtらなかったの?と言いたくなりますが、私鉄に比べJRは広域で、乗り入れも多く、点検にも時間がかかることは理解します。 だから、運転しなかったことを怒るつもりはありません。
 私が納得できないのは、地震という外部の力によるものであっても、乗客を運べないことに対する責任感に裏付けられた対応が全く見えなかったことに怒っています。
 山のような人の前に立ち、十分な説明もできず、中にはどなりつける人もいるでしょう。説明はツライ仕事です。でも、体を出して、説明しなければいけません。サービス業とはそういうものです。まして、5時間も6時間も歩いて帰らなければならない、帰宅を諦め、開放された役所や学校で泊まらざるを得なかった、こんな困難を抱えた人がたくさんいたのですよ。
 シャッターを閉めて通さなければ、ややこしい仕事をしなくて良いと考えたのですか?
 
 以上について、JR東日本に対して納得できる説明を求めます。
 駅長や駅員の責任でごまかさず、上記のような対応しかできない会社体質を説明してください。
                                                             以上
東日本大地震 歩いて疲れた [2011年03月12日(Sat)]
大地震の被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

以下は、昨日の私の体験です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
財団本部で打ち合わせ中に地震にあいました。ひどい揺れでした。
62年生きてきて初めて体験した揺れでした。46年前、新潟地震の際、東京もひどく揺れまはした。都立高校1年生でベビーブームのため教室が足りず、お古城のプレハブ教室でぐらぐら来て恐ろしい思いをしましたが。昨日の揺れは比較んいなりませんでした。

ゆうゆうの里は、各施設、本部とも人的被害はなく、エキスパンションの破損や壁の一部のクラック・剥落程度で済んだようです。

川崎の自宅は停電まで加わり、娘が心配でしたので、夕方歩いて帰ることにしました。
17時30分に人形町の事務所を出て歩き始めました。川崎の自宅に着いたのは23時30分でした。
日本橋→東京→霞が関→飯倉→六本木→渋谷と歩き、渋谷駅で休みながら東急線の様子を見ましたが『今晩中は無理』と判断、目黒に向かいました。
目黒駅までたどり着いたものの、東急目黒線(昔の目蒲線)も動いていません。
東急なすが臨時便増発していて『二子玉川(東横線再開都立大学駅経由)』があり、そのバスに乗り、40分かけ都立大学駅へ。
都立大学駅に行って東急東横線は動いていません。諦めて、多摩川を渡って川崎へ向かおうと線路沿いの道を歩いていると、ゴトンゴトント音がして、乗客の乗っていない車両が横浜方面へ走行していきました。試験運転だったようです。線路沿いの道をぞろぞろと歩いている「帰宅難民」から「ホッ」ト声が漏れるような瞬間でした。

自由が丘駅から電車に乗り帰ることができました。電車は余震を警戒してゆっくり走るっていましたが。「もう、歩かなくて良いのだ」が率直な気持ちでした。

財団事務所のある人形町を出てから結局6時間かかりました
バス電車を除いて5時間歩いたことになります

足はいたい、腹は減り(ソイジョイかじりながら歩いていました)ましたが、
期せずして「まだ体力がある」ことを証明できました

しかし足がいたいです
会社には履きなれたスニーカーを置いておくべきです

なお、江戸の庶民に流行した『大山詣』(丹沢)は、一日目の旅程は丸子(我が家の近く)あたりだったそうです
日本橋をでた歩き旅で、江戸人の健脚ぶりに感心させられました、東京の町が起伏に富んでいることも改めて感じました

以上、昨日の報告です

久しぶりの書き込みです [2011年02月24日(Thu)]
1か月半にわたり、ブログへの書き込みをさぼっていました。
この間、何人かの方から、体調が悪いのでは?とご心配の声までいただいてしまいました。

年度末で、仕事が重なり、疲れてはいますが、体調を崩すまでには至っていません
忙しさに負け、明日書き込もう、また明日・・・と考えているうちに、一ヵ月半者時間が過ぎてしまいました。

夏休みの宿題を、8月末になってあわててやっていた子供のころとあまり変わりません
人間はなかなか変われない見本ですね

だいぶ前になりますが、2月5・6日は、「ファンドレイジング2011」に参加してきました
2日間、みっちりとプログラムが用意され充実した会でした

発想のユニークさ、win-win-win ならぬ fun-fun-fun ・・・社会活動をする人たち(団体、そこではたらく人たち、ボランティア)も楽しい、後援・協力する企業も楽しい、何よりイベントや集会に参加する人たちも楽しい・・・こうした関係が、柔軟な発想の中から次々と紹介されたことなどに、楽しい刺激を受けてきました。


参加者の決意を「絵馬」記入し、撮影してその場に掲示、参加者の継続的活動を促す仕掛けですす・・・というか、なんだか面白いのですよね!・・・

あけましておめでとうございます [2011年01月07日(Fri)]
遅くなってしまいましたが年初の挨拶を申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 昨年も、日本老人福祉財団〈ゆうゆうの里〉と専門職大学院との2足のワラジを何とか履きこなすことができました。皆様のご支援の結果と感謝です。〈ゆうゆうの里〉では、6年目を迎えた事故ゼロ運動の定着や職員研究活動の前進を図ることができました。
 12月には、各ホームで実施している健康づくりプログラムについての実践研究を基に、ブックレットbQ 『楽しみながらもっと元気に』を出版できました。(お問い合わせは財団ブックレット係へ)。今年2月にはフードケータリングショ―(東京ビッグサイト)に財団から出展し、ソフト食の展示を行います。毎日の取り組みが成果を上げ、世に問う形へと発展してきたことを素直に喜んでいます。

 日本社会事業大学専門職大学院では、講義のほか、ゼミ生とともに現場の課題に取り組むことができました。そのほか福祉・介護の経営トップや中堅リーダー層への研修に多く加わりました。福祉・介護の仕事はひとくくりに「ツライ、給料が安い」と、誤って伝えられていますが、将来に希望のある、自己実現の方向へ向かう素晴らしい仕事であり、そのために「学習する組織」になろうと訴えてきました。

 社会も政治も混迷の道を歩んでいるように見えますが、現場では利用者の傍らにある姿勢を忘れず、真摯に仕事に取り組んでいる仲間とたくさん出会うことができます。こうした仲間の存在に心を強められ、めげず・くさらず・しなやかに歩み続けていきたいと考えます。


高いもの2つ [2010年12月04日(Sat)]


東京都庁31階からスカイツリー(12月3日)


新幹線車中から富士山(12月4日)
| 次へ