• もっと見る
«ボランティア活動に対する助成の紹介 | Main | 蓬莱地区活動»
避難訓練 [2013年06月14日(Fri)]
利用者さん宅へ訪問した際、台所から火が出ていたら・・・がく〜(落胆した顔)
あってはならない事あせあせ(飛び散る汗)ですが、万が一に備えての訓練は大切ですよね?どんっ(衝撃)

新宮市社協では今回、”ヘルパーや看護師などが利用者さん宅へ訪問した際にその利用者さん宅から出火していた”という想定で火災避難訓練を行いました爆弾
新宮ステーション(新町)3F会議室に利用者さん宅室内を再現し、利用者さん役の職員は高齢者疑似体験装備うらしま太郎くん”を装備してリアル感のある訓練になりました。
うらしま太郎くんは身体に装備することで自由を妨げる効果があり、実際に装着した職員からは「思ったように足が上がらず、段差が怖かった。」「ヘルパー役の声が聞き取りにくく、不安だった。」など、高齢者の気持ちを体験した意見が聞かれました耳
避難訓練の後は消防署職員さんより消火器についての説明や使用の際の注意点のレクチャーを受け、実際に消火器を使って訓練も行いました。消火器って15秒ほどで消火剤が全部噴出するんですね・・・あせあせ(飛び散る汗)

がく〜(落胆した顔)地震、カミナリ、火事、オヤジ・・・・がく〜(落胆した顔)
次の対応訓練も考えないとな・・がく〜(落胆した顔)





IMG_3111.JPG
うらしま太郎くんを装着していると思うように動けない・・

IMG_3222.JPG
介助を受けながら一緒に逃げろぅ

IMG_3333.JPG
消防職員に指導を頂き実際に消火器を使いました
狙いは火の根元を履くように噴射!

IMG_3444.JPG
消火器の適正有効距離は3m〜6m
【新宮ステーションの最新記事】
Posted by 新宮市社会福祉協議会 at 13:18 | 新宮ステーション | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント