CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本ソーシャルブログ協会【公式ブログ】

ブログで情報発信をすることによって、わたし、あなた、人、組織、地域、社会が少しずつ変わっていく。
昨日より今日、今日より明日と、ブログの記事がたまっていくように、少しずつでもよくなることを願って・・・。


日本財団ROADプロジェクト
プロフィール

日本ソーシャルブログ協会さんの画像
カテゴリアーカイブ
Google

CANPAN
このブログの中
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
リンク集
最新コメント
オードリー
会員ブログの紹介 No.1〜50 (06/12)
名刺両面大作戦
会員ブログの紹介 No.1〜50 (05/24)
☆★しんじょんさんへ☆★
総会のその後・・・ (04/26)
しんじょん
総会のその後・・・ (04/05)
☆★草鞋(わらじ)さんへ☆★
3月31日いよいよ開催!!ソーシャル・ビール・カフェ(SBC) (03/26)
☆★いっとんさんへ☆★
ソーシャルブログ活用セミナー@岡山 (03/23)
☆★かまくらさんへ☆★
これからはやっぱり映像かな!? (03/23)
最新トラックバック
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/s-blog/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/s-blog/index2_0.xml
発達障害関連のお薦めブログ [2010年03月28日(Sun)]
昨年の5月まで日本財団福祉チームで発達障害支援の担当をしていました。
その関係で、いくつかの団体のブログをよく見ていました。

発達障害に関するブログはおおまかに分類すると、以下の5つになると思います。

当事者

家族

支援者(医療、教育、福祉)

研究者(医療、教育)

団体(ネットワーク組織、支援団体、福祉施設、親の会、当事者団体など)


さらに、発達障害の種類や、それぞれの立場などで、さらに細分化されます。

あと、就学前、就学中、学校卒業後なども、ブログのテーマが変わってきます。


発達障害に関わる活動をされている方で、これからブログで情報発信をしたいと思っている方は、ぜひ、自分たちの活動と同じテーマのブログをみつけて、どんな情報発信をしているかをぜひ研究してみてください。

そのブログを見て、

・こんな活動をしているんだあ〜

・こんな情報が掲載されていて便利!

・もっとこんな情報が欲しいのに・・・

というような思いに気付いて、情報発信をされると、

自分たちの活動を知ってもらい、読者に有益な情報を提供することが出来ると思います。


以下は、山田がよくブログを見ていた団体や支援者のブログです。
何かの参考にしていただければ幸いです。
主にCANPANブログが中心ですが・・・。

虹っ子広場
宮城県仙台市で児童デイサービスなどを運営しているNPOのブログです。
事務局スタッフが交代で記事を書いていることで、いろんな視点で、団体の活動や発達障害支援などが紹介されています。

のびのび行こう!
のびのびっ子 参上!
「のびのび」広報担当のひとり言
島根県益田市で活動をしている団体のブログです。
内容によっていくつかのブログを使い分け、情報発信をしています。

特定非営利活動法人はなしのぶ
大阪で活動を行っているNPOのブログです。
自らの団体の活動紹介の他に、ネットで公開されている支援方法の紹介などが丁寧に掲載sれています。

アスペ・エルデの会事務局より
愛知県に本部を持ち、中部地方での支援活動、全国でのセミナー活動を行っている団体のブログです。
事務局の裏方的な視点から、団体や活動の紹介がされています。

BOUZAN NOTE!!
佐賀県のNPOで、発達障害・ 自閉症の方の生活・就労・余暇支援を行っているコーディネーターのブログです。全国各地で講演活動もされていて、支援に関する情報が掲載されています。


何かの参考にしていただけると幸いです!

山田泰久(ソーシャル系男子)〜yamada's holdings
Shop人にやさしく
日本ソーシャルブログ協会
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
40
高齢者福祉ブログ ベストナイン〜祝・野球開幕 [2010年03月23日(Tue)]
宅老所や高齢者サロン、デイサービスなどを行っている団体のCANPANブログを集めてみました。

どのブログも、おじいちゃん、おばあちゃんの生き生きとした姿がステキです。

こういった情報発信が、福祉に対する理解促進や、おじいちゃん、おばあちゃんへの温かい気持ちの醸成につながるのだと思います。

特に、高齢者福祉の場合、サービスの対象が高齢者だからということで、ネットでの情報発信は不要というような話を聞くことがありますが、逆にその家族や地域、行政の人に生き生きとしたおじいちゃん、おばあちゃんの姿を知ってもらい、高齢者福祉の必要性やその良さを知ってもらう、大きな機会だと思います。

高齢者福祉で情報発信に悩んでいる方、ぜひ参考となるブログを見つけて真似してみてください。


「宅老所のびのび」の毎日
※山田がよくチェックしているお薦めブログです。

介護ひまなし日記

すみさん家の笑ん側だより

真ほろばブログ

稲瀬地区交流センターたより

CLCスタッフつれづれ日記

弥右ヱ門さん家

屈足わかふじ園日記

社会福祉法人ユートピア(四日市ユートピアハウス・ユートピア在宅介護サービスセンター・ユートピア在宅介護支援センター)

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
ソーシャル情報〜Yamada's Holdings
15
ブログで売上アップ! [2010年03月18日(Thu)]
というようなタイトルを見ると、あやしい感じですよね。

さて、今回は、「助成財団スタッフがお薦めするソーシャルブログ」シリーズです。

ペットのおやつ(わかふじ寮)

こちらは、北海道新得町にある、社会福祉法人厚生協会が運営する「わかふじ寮」という障害者施設のブログです。

障害のある人の就労の場として、ブログのタイトル通り、ペットフードを製造したり、木工でも有名な福祉施設です。







ほぼ毎日に更新されているブログです。

その内容をおおまかに分類すると、

1.日々の就労作業の状況

2.製造している商品や製品の紹介

3.福祉施設としての日常

4.自然環境に恵まれた周辺の風景

というような感じでしょうか。


これらのテーマで程よいバランスで更新されています。

障害者福祉への理解、
障害者就労施設として売上アップのための活動紹介、
といった目的を達成するために効果的に活用されています。

ブログを読むだけで自然と福祉への理解が深まり、
「わかふじ寮」の製品のファンになってしまうよな、
情報発信です。

前に担当の方にお話を聞いたところ、法人のホームページより、
最近はブログへのアクセス数が多いそうです。
また、ブログの記事をきっかけに、
仕事の受注につながったこともあるそうです。


ペットのおやつ(わかふじ寮)からの気づき

いろんなテーマをバランスよく発信する

日々の発信を続ける

日常で見かけるちょっとしたことでもブログのネタになる

そういった情報を発信することも大事

日々の小さな活動の(情報発信の)積み重ねが、大きな理解とつながる

ぜひ、皆さんもペットのおやつ(わかふじ寮)のブログを覗いてみてください。

ブログのヒントと、ステキな商品が見つかりますよ。

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
ソーシャル・グッズ・コミュニティ
ソーシャル情報〜Yamada's Holdings
15
助成財団スタッフがお薦めするソーシャルブログ [2010年03月16日(Tue)]
日本ソーシャルブログ協会の会員の中には、助成財団のスタッフもいます。

そこで、「助成財団スタッフがお薦めするソーシャルブログ」というコーナーを新たに設けました!
いわゆる「本屋さんが選ぶ、〇〇大賞!」みたいな感じです。

NPO支援のプロである助成財団のスタッフが選ぶ、情報発信が上手な団体。

すごく、興味がありますよね〜。

それでは、第1弾です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
NPO法人 楽笑(らくしょう) 愛知県蒲郡市
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

愛知県蒲郡市で、パン工房と干物屋をやっている福祉施設を
運営している団体です。

干物という、地域の特産を活用した取り組みを行っていて、
福祉の枠を超えて、地域活性化に取り組んでいる団体です。

この団体の情報発信は、ホームページ、ブログ、そして、
代表者個人によるブログの3本立てになっています。

ホームページ

ブログ

代表者ブログ




代表者のブログは、NPOの活動だけではなく、
個人的な記事も掲載されています。

そこがお薦めポイントです!

個人的なことと、活動のことをバランスよくおりまぜることによって、
自分のことを知ってもらいながら、
ナチュラルに活動のことも知ってもらえる。

代表者個人のつながりでNPO活動のことを知ってもらえるというのは、
新たな理解者を増やすためにも最適な方法の一つです。

代表者個人の、活動に対する考え方や感じ方をブログで発信することによって、
団体スタッフの研修の一環にもなり得るものだと思います。


あわせて、スタッフによるブログでも、活動のことをしっかり伝えているのもお薦めです。

単なる活動記録ではなく、書いているスタッフの素顔が見えるような感じがよいです。

やはり、ブログは書き手がイメージできるような内容がいいですね。

=======================


ぜひ、皆さんも、NPO法人楽笑の情報発信を覗いてみてください。

Shop人にやさしく 山田泰久(ソーシャル系男子)
ソーシャル・グッズ・コミュニティ